ホンダ、Kムーバー第1弾の新型「ライフ」発売

1998.10.09 自動車ニュース
 
 
981009_039.gif

ホンダ、Kムーバー第1弾の新型「ライフ」発売(10/9)

本田技研工業は軽自動車「ライフ」のフルモデルチェンジを行い、10月9日より発売した。ボディが大ぶりになり、衝突安全性が強化されたのが特徴だ。

新型「ホンダライフ」は、10月1日から軽自動車において新規格が導入されたことをうけたもので、ボディを大型化し、スタイリングもSM-Xやキャパの路線にのっとったマルチパーパス的な要素を取り込んだものとしたことが注目される点だ。

新型「ホンダライフ」では新衝突安全設計ボディが採用されており、前面、側面、追突とすべての事故形態においても「世界最高基準の衝突安全性を達成」(開発総責任者の黒田博史主幹)したという。さらに660cc3気筒SOHCエンジンはLEV(低公害車)となっている。

「ホンダライフ」のグレードは装備レベルに応じて3種類。「Bタイプ」「Gタイプ」「Tタイプ」となり、3気筒エンジンをはじめドライブトレインは共通だ。駆動方式はFWDと4WDから選べる。価格は「Bタイプ」FWD/5MTの87.8万円からだ。従来に比べ最量販グレードの「Gタイプ」で3万円価格を引き下げたという。

ホンダでは新型「ライフ」と同時発売された「Z」を総称して「Kムーバーシリーズ」としている。吉野浩行社長は「軽自動車は戦略上重要なカテゴリー。規格の拡大を、小型車に匹敵する価値観を実現するチャンスととらえ、今後Kムーバーシリーズのラインナップの充実をはかっていく」と語った。

ホンダはとにかく四角いトールボーイ路線をまっしぐらのようだ。エクステリアの担当者が語ってくれたところによると、主要購買層として設定している主婦はマルチパーパスタイプのクルマを好むのだという。背が低いクルマ、スポーティすぎるクルマ、2ドアのクルマはどれも奥様のお気にめさないらしい。ちなみにTVCFのコンセプトは「奥様は魔女」。やっぱり奥様なのだ。(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る