メルセデス・ベンツGクラスがマイナーチェンジ

2012.08.02 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツG63 AMG」
メルセデス・ベンツGクラスがマイナーチェンジ

メルセデス・ベンツ、「Gクラス」をマイナーチェンジ

メルセデス・ベンツ日本は2012年8月2日、マイナーチェンジした高級SUV「Gクラス」を発表し、同日販売を開始した。

「メルセデス・ベンツG63 AMG」
「メルセデス・ベンツG63 AMG」
「メルセデス・ベンツG65 AMG」のインテリア。
「メルセデス・ベンツG65 AMG」のインテリア。
「メルセデス・ベンツG65 AMG」のシート。
「メルセデス・ベンツG65 AMG」のシート。

■インテリアを大幅改良

「メルセデス・ベンツGクラス」が登場したのは、いまから33年前の1979年。特徴的な角張ったフォルムやラダーフレームを採用する基本構造を守りながら、時代にあったパワートレインや装備などを搭載することにより、多くのファンの支持を獲得し、長い現役生活を過ごしてきた。

そんなGクラスに、フェイスリフトが施され、現役を続行する。その内容は、内外装の見直しにとどまらず、インフォテインメントシステムの改良やアシスタンスシステムの搭載、さらにはエンジンの追加にも及ぶ。

新型Gクラスのエクステリアは、これまでどおりスクエアなシルエットを受け継ぎながら、LEDドライビングライトが追加されたフロントマスクや、新デザインのドアミラーを装着することで、新しさをアピールする。ボディータイプは4ドアの“ロング”のみの設定だ。

一方、インテリアはエクステリア以上にモダンに生まれ変わった。インストゥルメントパネルのデザインは一新され、ダッシュボード上部中央の7インチワイドディスプレイと“COMANDコントローラー”によりナビシステムやオーディオが操作できる「COMANDシステム」を搭載することで、最新のメルセデススタイルを手に入れている。

さらに、ドライバーアシスト機構も充実し、例えば、車線変更時に接触事故の危険を警告する「ブラインドスポットアシスト」や、車間距離維持機能を備えたオートクルーズ「ディストロニック・プラス」、カメラやセンサーにより後退時の安全性を確保する「パークトロニック」などが標準装着される。

■6リッターV12搭載の新グレードを追加

ラインナップは、「G550」(1340万円)、「G63 AMG」(1780万円)、「G65 AMG」(3250万円)を用意。G550は、従来どおり5.5リッターV8(387ps)と7段オートマチックが組み合わされる。
一方、G63 AMGはこれまでの5.5リッターV8スーパーチャージャーに代えて5.5リッターV8直噴ツインターボ(544ps)を搭載。7段オートマチックのAMGスピードプラスやECOスタートストップ機能などの採用により、燃費向上を図った。

「メルセデス・ベンツG63 AMG」
「メルセデス・ベンツG63 AMG」
「メルセデス・ベンツG65 AMG」
「メルセデス・ベンツG65 AMG」

さらに、Gクラスのトップグレードとして新たに追加されたG65 AMGには、6リッターV12ツインターボ(612ps)を搭載し、量産オフロード車としては最高のパフォーマンスを手に入れている。シートやインテリアトリムにダイヤモンドステッチが施されたナッパレザーがおごられるなど、そのインテリアも実に豪華だ。

伝統とモダンの調和を図りながら、いまなお進化を続けるGクラス。現役引退はまだまだ先のようだ。

(文=生方聡)

関連記事
  • メルセデス・ベンツG550 4×4²(4WD/7AT)【試乗記】 2016.5.9 試乗記 製品テーマは「究極のオフロード性能と、デイリーユースもこなす実用性、快適性の両立」。メルセデス渾身(こんしん)の“遊び心”が生んだ、究極の「Gクラス」こと「G550 4×4²」に試乗。お値段3510万円というオフロード・スーパーカーの、実力の一端に触れた。
  • メルセデス・ベンツG350ブルーテック(4WD/7AT)【試乗記】 2013.11.11 試乗記 ディーゼルエンジンを搭載した「メルセデス・ベンツG350ブルーテック」に試乗。23年ぶりに復活した「軽油で走るゲレンデヴァーゲン」の走りに触れた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • 第42回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?
    2017.5.23 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第42回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! Sクラスのディーゼルハイブリッドは高い!? 安い!?」。ディーゼルの頂点に君臨するメルセデス・ベンツのフラッグシップは果たして“買い”か?
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る