ボルボV70バイフューエル購入者に補助金

1998.10.12 自動車ニュース
 
 
981012_041.gif

ボルボV70バイフューエル購入者に補助金(10/12)

ボルボカーズジャパンが6月に受注開始した「V70バイフューエル」が乗用車としては日本で初めて天然ガス自動車型式認定を取得した。同モデルの購入者には審査のうえ補助金が交付される。

「ボルボV70バイフューエル」 は圧縮天然ガス(CNG)とガソリン、いずれの燃料でも走行可能の低公害車だ。2.4リッター5気筒エンジン搭載のV70ステーションワゴンをベースに開発され、硫黄酸化物や煤を発生しないCNGのみを燃料に使用しても200kmから240km(メーター測定値)走行することができるというものだ。

今回、「ボルボV70バイフューエル」は新エネルギー産業技術総合開発機構のクリーンエネルギー自動車普及事業補助金の対象に選ばれた。それにより、同モデルを購入する自治体や法人、その他のひとたちは、審査のうえ、最大で42万5000円が交付されることになった。「その他のひと」が満たすべき要件は、年間走行距離が1.2万km程度以上、1994年3月31日以前の登録車からの代替、業務用に常時使用、ということだ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る