ボルボV70バイフューエル購入者に補助金

1998.10.12 自動車ニュース
 
 
981012_041.gif

ボルボV70バイフューエル購入者に補助金(10/12)

ボルボカーズジャパンが6月に受注開始した「V70バイフューエル」が乗用車としては日本で初めて天然ガス自動車型式認定を取得した。同モデルの購入者には審査のうえ補助金が交付される。

「ボルボV70バイフューエル」 は圧縮天然ガス(CNG)とガソリン、いずれの燃料でも走行可能の低公害車だ。2.4リッター5気筒エンジン搭載のV70ステーションワゴンをベースに開発され、硫黄酸化物や煤を発生しないCNGのみを燃料に使用しても200kmから240km(メーター測定値)走行することができるというものだ。

今回、「ボルボV70バイフューエル」は新エネルギー産業技術総合開発機構のクリーンエネルギー自動車普及事業補助金の対象に選ばれた。それにより、同モデルを購入する自治体や法人、その他のひとたちは、審査のうえ、最大で42万5000円が交付されることになった。「その他のひと」が満たすべき要件は、年間走行距離が1.2万km程度以上、1994年3月31日以前の登録車からの代替、業務用に常時使用、ということだ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • ロールス・ロイス、新型「ファントム」を7月末に発表 2017.6.1 自動車ニュース 英ロールス・ロイスが、新型「ファントム」を7月末にロンドンのメイフェアで公開すると発表した。ファントムは1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデルであり、今回披露される新型は、その8代目にあたる。
ホームへ戻る