三菱、WRCドライバーにマキネンら

1998.10.12 自動車ニュース
981012_042.gif

三菱、WRCドライバーにマキネンら(10/12)

三菱自動車工業とラリーアートは1999年世界ラリー選手権のチームドライバーにマキネンとロイックスを決定した。

三菱チームは、世界ラリー選手権(WRC)で現在1位のトヨタと優勝を争っている。その立て役者となっているのがフィンランド出身のドライバー、トミマキネンだ。1996年と1997年連続してのWRCドライバーズチャンピオンであり、今年も「スウェーデン」「アルゼンチン」「フィンランド」で総合優勝を獲得、ドライバーズポイントでは1位のサインツ(トヨタ)についでスバルのマクレーとともに同率2位につけている。

フレディロイックスの本年の成績は「ポルトガル」で3位、「カタルニア」で2位、「アクロポリス」で5位というものだ。監督はひきつづきアンドリューコーワンが務める。今年のWRCは「サンレモ」(10月12日から14日)「オーストラリア」(11月6日から8日)「RAC」(11月21日から24日)と残すところ3戦になっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。