ブレイザー、右ハンドルで登場

1998.10.12 自動車ニュース
 
 
981012_040.gif

ブレイザー、右ハンドルで登場(10/12)

ヤナセは「シボレーブレイザー」の1999年モデルを発売した。最大の特徴は右ハンドル仕様となる。価格は328.0万円から。

シボレーのSUVである「シボレーブレイザー」1999年モデルにおける最大の特徴は全車右ハンドルとなったことだ。加えて最小回転半径が従来の6.5mから5.9mに縮小され、ウィンカーレバーとワイパーレバーが日本車と同じ位置になり、電動格納式ドアミラーや手動式パーキングブレーキ、内気循環機能付エアコンといった装備が採用されるなど、「日本市場を意識した数多くの改良」(ヤナセ)が施された。

「シボレーブレイザー」におけるラインナップは「LS」(328.0万円)、「LT」(368.0万円)で、いずれのモデルにも8ナンバーのキャンピング仕様「フォレシエスタ」がそれぞれ20万円高で設定されている。エンジンは全モデル共通して4.3リッターV6。最高出力は193psとなっている。トランスミッションは4段オートマチックがフロアに設けられている。4ドアにテールゲートをもつボディのサイズは全長×全幅×全高=4845(LTは4645)x1765x1730mmだ。

 
 

関連キーワード:
ブレイザーシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
ホームへ戻る