ブレイザー、右ハンドルで登場

1998.10.12 自動車ニュース
 
 
981012_040.gif

ブレイザー、右ハンドルで登場(10/12)

ヤナセは「シボレーブレイザー」の1999年モデルを発売した。最大の特徴は右ハンドル仕様となる。価格は328.0万円から。

シボレーのSUVである「シボレーブレイザー」1999年モデルにおける最大の特徴は全車右ハンドルとなったことだ。加えて最小回転半径が従来の6.5mから5.9mに縮小され、ウィンカーレバーとワイパーレバーが日本車と同じ位置になり、電動格納式ドアミラーや手動式パーキングブレーキ、内気循環機能付エアコンといった装備が採用されるなど、「日本市場を意識した数多くの改良」(ヤナセ)が施された。

「シボレーブレイザー」におけるラインナップは「LS」(328.0万円)、「LT」(368.0万円)で、いずれのモデルにも8ナンバーのキャンピング仕様「フォレシエスタ」がそれぞれ20万円高で設定されている。エンジンは全モデル共通して4.3リッターV6。最高出力は193psとなっている。トランスミッションは4段オートマチックがフロアに設けられている。4ドアにテールゲートをもつボディのサイズは全長×全幅×全高=4845(LTは4645)x1765x1730mmだ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ブレイザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る