マツダ、新規格の「キャロル」を発売

1998.10.14 自動車ニュース
 
 
981014_051.gif

マツダ、新規格の「キャロル」を発売(10/14)

マツダは軽の新規格に適合させた、新型「キャロル」を10月13日に発売した。先に登場した新型スズキ・アルトの兄弟車となる。

新型「マツダキャロル」は、マツダがスズキから新型アルトのOEM供給を受けて生産される車種だ。先代まではアルトと異なったデザインが与えられていたが、新型ではエンブレム以外、外観上の相違点はない。グレード構成はアルト同様3ドアと5ドアが用意されるが、バンは設定されない。

搭載されるエンジンは直3SOHCと同DOHC・LEV(55ps、6.2kgm)の2種。アルトに設定されるリーンバーンは用意されない。トランスミッションは4MT、5MT、3ATの3種。駆動方式はFFと4WDが設定される。

安全装備については全車の運転席にフォースリミッターつきシートベルトを標準装備。またブレーキアシストつきABS、デュアルエアバッグ、運転席プリテンショナーつきシートベルト、助手席フォースリミッターつきシートベルトを一部グレードに標準装備、他は5万円でセットオプション設定する。価格は64.8から109.5万円で、アルトの同グレードと同一である。

これまでのキャロルは、アルトをベースにしながらも独自のキャラクターを持っていて、それなりのファンもいた。それゆえに今回、アルトの完全な兄弟車になってしまったのは残念な気がする。(Web CG スヤマ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • マツダ、「ラピュタ」「AZワゴン」に新卒者向け特装車を設定 2000.2.8 自動車ニュース マツダは、軽自動車「ラピュタ」「AZ‐ワゴン」に新卒者を中心とした若者向けの特別仕様車「ポッパー」を設定、2月1日より発売した。「ラピュタX ポッパー」(写真上)は、実用装備が充実している最量販機種「X」をベースに、専用のアルミホイール、ルーフエンドスポイラー、マフラーカッターを装着してスポーティな外観としたもの。さらに、人気の高いAM/FMラジオ付CDプレーヤー&カセットステレオや本革巻ステアリングホイール、専用メーターパネルなどを装備。より質感の高い内装としている。価格はベース車から6.0万円高(2WD車)で112.3万円からとなる。「AZ‐ワゴンRR-FSターボ ポッパー」(写真下)は、スポーティな外観の「RR-F ターボ」 (コラム式4AT車)をベースに、若者に人気のAM/FMラジオ付CDプレーヤー&カセットステレオを装備。加えて、新デザインのアルミホイールやシート生地など専用装備を追加して、よりスタイリッシュな内外装としたという。価格は、ベース車よりも6.8万円(2WD車)引き下げて127.2万円から。お買い得感あるモデルとしている。 軽自動車の新車販売が依然として好調です。4日に発表されたデータによると、今年1月の新車販売台数は前年同月比1.8パーセント増で12万5358台。2ヶ月連続で前年実績を上回り、1月としては過去最高を記録しているそうです。価格の面(たとえばトヨタ「ヴィッツ」の廉価グレードで115.3万円)でもサイズの面でも、軽と普通車に大差はなくなりましたが、税制面、保険料など維持費を考えると、軽自動車はとても経済性に富んだ乗り物になります。不況下で売れている理由はここにあるのでしょう。(WebCG 有吉)
  • 「マツダ・スピアーノ」をマイナーチェンジ 2006.4.18 自動車ニュース マツダは、軽自動車「スピアーノ」をマイナーチェンジして、2006年4月18日に発売した。
  • マツダ、「スピアーノ」を一部改良し、新モデルも追加 2007.5.29 自動車ニュース マツダは、軽自動車「スピアーノ」を一部改良し、2007年5月29日に発売。新モデルも追加した。スピアーノは、「スズキ・ラパン」のOEM供給車。
  • 「マツダAZ-ワゴン」に上質装備の特別仕様車 2011.12.21 自動車ニュース マツダは2011年12月21日、軽乗用車「AZ-ワゴン」に、特別仕様車「XSリミテッド」と「カスタムスタイルXSリミテッド」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る