ホンダ、米国製「インスパイア」を発売

1998.10.16 自動車ニュース
 
 
981016_057.gif

ホンダ、米国製「インスパイア」を発売(10/16)

本田技研工業は新型「インスパイア」を10月16日より、姉妹車の「セイバー」を10月23日より発売する 。新開発V6を搭載した米国製だ。

新型「ホンダインスパイア」および「セイバー」のラインナップは2.5リッターV6VTECエンジン(200ps)搭載の「25V」と、3.2リッターV6VTEC(225ps)搭載の「32V」からなる。2.5リッターエンジンは日本専用設計となっている。トランスミッションはマニュアルゲートをもつ「Sマチック4段オートマチック」が全車に搭載される。

新型「ホンダインスパイア」および「セイバー」のボディサイズは全長×全幅×全高=4840×1785×1420mm。ホイールベースは2745mmとなっている。サスペンションは前がダブルウィッシュボーン、後ろが5リンク式のダブルウィッシュボーンだ。

新型「ホンダインスパイア」および「セイバー」はホンダの米国拠点「ホンダR&Dアメリカズ」で開発され、本年9月より「アキュラTL」の名で販売されているものだ。価格は「25V」が263.5万円、ホンダDVDナビゲーションシステム搭載の「25V NAVI」が289.5万円、「32V」が323.5万円(いずれも東京)となっている。

米国製自動車の輸入販売はホンダにとってUSアコードいらい1年ぶりの再開となる。記者発表会の席上でスピーチにたった吉野浩行社長は、「(米国の子会社で独自開発をしたということで)米国製品とも日本製品とも異なる新たなラグジュアリー車を実現できたと思う」と語った。

小型車ではあれほど冴えを見せるホンダも、どうしてこのクラスではいまひとつ印象的な製品を出せないのだろう。インスパイア、まとまりはよいかんじだが、ホンダが最大の売りものとしている個性が希薄なのだ。狭苦しいキャビンも、なんだかなあ、というかんじである。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
インスパイアホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)【試乗速報】 2008.1.29 試乗記 ホンダ・インスパイア 35TL(FF/5AT)/35iL(FF/5AT)
    ……363万6000円/412万2000円

    ホンダのセダン「インスパイア」に5代目が登場。車体、エンジンとも拡大して乗り味はどう変わったのか? その実力を試した。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・インスパイア30TL(5AT)【試乗記】 2003.8.14 試乗記 ホンダ・インスパイア30TL(5AT)
    ……324.0万円

    プリセーフティーをはじめ、ハイテク満載で登場したホンダのフラッグシップ「インスパイア」。片バンク休止機能を搭載する、新しいV6に感心した『webCG』エグゼクティブディレクターだが……。


  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る