マツダ、新型「アテンザ」の生産を開始

2012.08.02 自動車ニュース

マツダ、新型「アテンザ」の生産を開始

マツダは2012年8月2日、新型「マツダ6(日本名:アテンザ)」の生産開始記念セレモニーを、防府第2工場(山口県防府市)で行った。

セレモニーには山内孝代表取締役会長・社長兼CEOをはじめ、役員、組合代表、社員ら約500名が出席した。生産第1号車は、「SKYACTIV-G 2.0」ガソリンエンジンを搭載するワゴンモデル(欧州仕様車)だった。

まずは8月29日に始まるモスクワモーターショーで、「マツダ6」(ロシア仕様車)のセダンモデルが世界初公開される。2012年中に欧州と国内市場、2013年初頭から米国およびその他の市場への導入が予定されており、防府工場での生産台数は年間約12万台が計画されている。

(webCG 竹下)

新型「マツダ6」の生産第1号車はワゴンモデル(欧州仕様)だった。
新型「マツダ6」の生産第1号車はワゴンモデル(欧州仕様)だった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アテンザセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • 第2回:ローディー meets CTS
    電動化のカッコよさについて考えてみたNEW
    2017.2.24 特集 webCG編集部きってのローディー(ロードバイク愛好家)折戸が、「キャデラックCTS」で人気マンガ『弱虫ペダル』の舞台としても知られる日本サイクルスポーツセンターまでドライブ。キャデラック流のおもてなし=電動化の意義について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る