マツダ、新型「アテンザ」の生産を開始

2012.08.02 自動車ニュース

マツダ、新型「アテンザ」の生産を開始

マツダは2012年8月2日、新型「マツダ6(日本名:アテンザ)」の生産開始記念セレモニーを、防府第2工場(山口県防府市)で行った。

セレモニーには山内孝代表取締役会長・社長兼CEOをはじめ、役員、組合代表、社員ら約500名が出席した。生産第1号車は、「SKYACTIV-G 2.0」ガソリンエンジンを搭載するワゴンモデル(欧州仕様車)だった。

まずは8月29日に始まるモスクワモーターショーで、「マツダ6」(ロシア仕様車)のセダンモデルが世界初公開される。2012年中に欧州と国内市場、2013年初頭から米国およびその他の市場への導入が予定されており、防府工場での生産台数は年間約12万台が計画されている。

(webCG 竹下)

新型「マツダ6」の生産第1号車はワゴンモデル(欧州仕様)だった。
新型「マツダ6」の生産第1号車はワゴンモデル(欧州仕様)だった。

関連キーワード:
アテンザセダンアテンザワゴンマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.3 試乗記 「アクセラ」に続き、フラッグシップモデルの「アテンザ」にも、さらなる“走る歓び”を追求するマイナーチェンジが施された。G-ベクタリングコントロールなどの新機軸を得た新型の走りはどう変わったのだろうか。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • マツダ・アテンザセダンXDプロアクティブ(FF/6AT)/アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.1.16 試乗記 「マツダ・アテンザ」が「CX-5」とともに大規模なマイナーチェンジを受けて完成度を一段と高めた。2.2リッターディーゼルエンジンを搭載するセダンとワゴンのステアリングを握り、デビューから2年を経たフラッグシップモデルの“進化論”を検証した。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
ホームへ戻る