ボルボ「S80 2.9」は若き中年むけ

1998.10.19 自動車ニュース
 
 
981019_063.gif

ボルボ「S80 2.9」は若き中年むけ(10/19)

ボルボカーズジャパンが9月16日に予約開始したニューモデル「ボルボS80 2.9」に北海道で試乗した。コアターゲットは「若き中年」だそうだ。

「ボルボS80」シリーズは直列6気筒エンジンをフロントに横置きした前輪駆動で、2.9リッターの「S80 2.9」(580.0万円)と、インタークーラー付ターボチャージャーを備えた2.8リッターの「S80 T-6」(650.0万円)とからなる。全長x全幅x全高=4830x1835x1450mmと大ぶりな4ドアボディをもち、頭部保護機能つきサイドエアバッグやムチ打ち防止機構つきフロントシートなどの安全装備、さらに豪華な内装を特徴としている。

「S80 2.9」に乗っての印象は、ひとことで言うと、豪華でかつ速い、というものだ。快適装備の充実ぶりと、低回転から中回転域でのトルクを重視したエンジンのセッティングは日本車っぽいというか、日本では使い勝手がよさそうだ。オプションのカーナビゲーションはスイッチをいれるとダッシュボード上部からポップアップしてくるなど、デザイン面で凝っているのも、なんとなくうれしい。

いっぽうで気になるのは、この車格にしてはロードノイズの侵入が過大なのと、乗り心地だ。サスペンションアーム(前マクファーソン・ストラット式)の長さが制限されているためだろうか、市街地でも高速でもピョコピョコと跳ねるのだ。サスペンションアームの長さを犠牲にしてまで直6エンジンを横置きしたのは、おそらくボルボでは将来おなじシャシーを用いてミニバンのようなモデルを作ろうとしているのためではないだろうか。乗り心地の改善についてはトレッドの拡大などで、メーカーは手を打つかもしれない。

「S80 2.9」の想定ライバルはメルセデスEクラスやBMW5シリーズであることはメーカーが公言しているが、欧州での想定ターゲットが「気持ちはまだまだ若い中年男性」というのが興味ぶかかった。といっても乗れば若返る、というものではない。乗ってなにをするか、が重要なのだ。でも、乗るとヤル気が出てくるクルマ、というのが欲しいと思うのは、仕事疲れしているせいだろうか。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
S80ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る