タフに使える「セレナ」の特別仕様車発売

2012.08.02 自動車ニュース

タフに使える「日産セレナ」の特別仕様車発売

日産自動車の関連会社オーテックジャパンは2012年8月1日、同日にマイナーチェンジしたミニバン「日産セレナ」をベースとする特別仕様車「クロスギア」を発売した。

今回発売された「クロスギア」は、「日産セレナ」の「20X S-HYBRID」(FF車)と「20X」(4WD車)がベース。
SUVの「エクストレイル」でも実績のある防水シートが特徴で、バックドアインナーフックやロングアシストレールなど機能的なアイテムも装備。「さまざまな趣味の“基地”として汚れを気にせずタフに使える『多目的ギア』にした」とオーテックはアピールする。

そのほか、内外装は、専用の大型フォグランプやフォグランプフィニッシャー、15インチアルミホイール、本革巻きのステアリングホイール、めっきリング付きのシフトインジケーターフィニッシャーなどでドレスアップされる。
価格は、「20X S-HYBRID」(FF車)ベースの「クロスギア」が258万4050円で、「20X」(4WD車)ベースのものが282万8700円。いずれも、ベースモデルより19万9500円高となる。

また、今回「日産セレナ」がマイナーチェンジされ、新たにハイブリッドシステム「S-HYBRID」が搭載されたのにともない、同車をベースとするオーテックのカスタマイズモデル「ライダー」シリーズの仕様も同様に変更された。さらに、専用サスペンションの採用により、FF車は車高が下げられた。

オーテックでは、現行型「セレナ」で初めて、車両後部から車いすのまま乗り込める福祉車両「チェアキャブ スロープタイプ」も開発。こちらは2012年10月に発売される。

(webCG 関)

「日産セレナ クロスギア」
「日産セレナ クロスギア」
「クロスギア」の防水シート。
「クロスギア」の防水シート。
福祉車両「チェアキャブ スロープタイプ」を後ろから見たところ。
福祉車両「チェアキャブ スロープタイプ」を後ろから見たところ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セレナの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産セレナ(前編) 2016.8.24 画像・写真 5代目となった日産の主力ミニバン「セレナ」。車内空間は従来モデルより室内長と室内幅を拡大。より多彩となったシートアレンジや、「デュアルバックドア」の採用なども特徴となっている。より使い勝手を増した新型セレナの姿を、写真で紹介する。
  • 日産セレナ ハイウェイスターG(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2016.10.26 試乗記 日産の人気ミニバン「セレナ」がフルモデルチェンジ。最上級グレード「ハイウェイスターG」に試乗して見えてきた、最新型の実力とは? 走りの質に燃費、各席の乗り心地など、項目ごとに詳しくリポートする。
  • 日産セレナG(FF/CVT)【試乗記】 2016.9.16 試乗記 日産のミドルクラスミニバン「セレナ」が5代目にフルモデルチェンジ。「デュアルバックドア」や「ハンズフリーオートスライドドア」、話題の運転支援システム「プロパイロット」など、新機軸が満載の新型の実力を試した。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
ホームへ戻る