ポルシェ、新型「カレラ4」を銀座で展示

1998.10.23 自動車ニュース
 
 
981023_072.gif

ポルシェ、新型「カレラ4」を銀座で展示(10/23)

ポルシェジャパンでは「ニュー911カレラ4」を10月24日より発売した。新しい4WDシステムにティプトロニックが組み合わされた新型の価格は1090.0万円から。

新型「911カレラ4」は先ごろドイツ本国で発表されたばかりのニューモデルだ。ポルシェジャパンではこの911のニューバリエーションを東京・銀座数寄屋橋交差点にあるソニービル前で現在展示中である。

新型「911カレラ4」はさきに発表された911カレラと共通の3.4リッター水平対向6気筒エンジン(300ps)を搭載しており、これに6段MTあるいは5段AT「ティプトロニックS」が組み合わせられている。とくに4WDとATの組み合わせは今回が初めてになる。4WDシステムはセンターデフにビスカスカプリングを用いたもので、路面状況や走行状況に応じて5パーセントから40パーセントのトルクを前輪に伝達する。

さらに新技術も数多く採用されており、ポルシェ独自の安全制御システムである「PSM(ポルシェスタビリティマネージメント)」が注目に値する。これはABS、トラクションコントロール、オートマチックブレーキコントロールに加えて4WD制御を行うもので、コーナリング時のオーバーステアおよびアンダーステアを抑制する働きまで与えられている。

モデルラインナップは、「911カレラ4クーペ6MT」(1090.0万円)をはじめ、「同5ATティプトロニックS」(1170.0万円)、「同カブリオレ6MT」(1250.0万円)、「同5ATティプトロニックS」(1330.0万円)となる。既発のRWDモデルにたいして「わずか100万円の価格差に抑えられている」(ポルシェジャパン)のもセリングポイントのようである。

 
 

関連キーワード:
911ポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る