プジョー、「406」にサイドエアバッグ

1998.10.26 自動車ニュース
 
 
981026_075.gif

プジョー、「406」にサイドエアバッグ(10/26)

インチケーププジョージャパン株式会社は「406」シリーズにマイナーチェンジを行い、10月23日より発売した。サイドエアバッグの標準装備や、新ATの搭載などが眼目だ。

マイナーチェンジを受けた「406」シリーズにおける最大の特徴は、2リッター、3リッターV6、ブレークという全グレードにサイドエアバッグが標準装備されたことで、さらに2リッター車には新開発の軽量トランスミッションが搭載された。

2リッターモデルは従来のSV、STという2つのグレードを廃止し、「406 2.0」というモノグレードの設定となったのが注目すべき点だ。オートエアコン、雨滴感知式オートワイパー、フォグランプ、アルミホイールなどこれまでのSVと同等の装備に加え、サイドエアバッグが標準で備わった。価格は315.0万円とSVより14万円安い設定となった。ワゴンも車名が「406ブレイク2.0」となり、オートエアコン、オートワイパー、フォグランプを装備、価格は329.0万円となる。

「406V6 3.0」シリーズはフロントシートにアームレストが装備されるとともに、バンパーおよびサイドモールにクロームラインを施したのが新しい点だ。価格はセダンが384.0万円(従来モデルより5万円高)、ワゴンである「406ブレーク」が415.0万円(同16万円高)である。

「406V6 3.0」シリーズの「レザーパッケージ」ではトリップコンピューターが新設定されたことに加え、新デザインの革張りシート、シートヒーター、ウッド調パネルのATコンソール、ドアカーテシーランプなどが新たに装備された。価格は「406V6レザーパッケージ」が419.0万円(従来型より10万円高)、「406ブレークV6レザーパッケージ」が450.0万円(同10万円高)となっている。

 
 

関連キーワード:
406セダンプジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.5.30 試乗記 ルノーの新型SUV「カジャー」に試乗。巷間(こうかん)言われているとおり、その“生い立ち”は、確かに日産とのアライアンス関係によるもの。しかし、ひとたび走らせてみると、ルノーらしい味付けがしっかりと効いた、どこか懐かしみを感じるクルマに仕上がっていた。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 新型「日産GT-R」、内容が次第に明らかに 2007.9.27 自動車ニュース 日産自動車は、新型「GT-R」について、オフィシャルサイトを立ち上げるなど、情報の開示を始めた。
ホームへ戻る