プジョー、「406」にサイドエアバッグ

1998.10.26 自動車ニュース
 
 
981026_075.gif

プジョー、「406」にサイドエアバッグ(10/26)

インチケーププジョージャパン株式会社は「406」シリーズにマイナーチェンジを行い、10月23日より発売した。サイドエアバッグの標準装備や、新ATの搭載などが眼目だ。

マイナーチェンジを受けた「406」シリーズにおける最大の特徴は、2リッター、3リッターV6、ブレークという全グレードにサイドエアバッグが標準装備されたことで、さらに2リッター車には新開発の軽量トランスミッションが搭載された。

2リッターモデルは従来のSV、STという2つのグレードを廃止し、「406 2.0」というモノグレードの設定となったのが注目すべき点だ。オートエアコン、雨滴感知式オートワイパー、フォグランプ、アルミホイールなどこれまでのSVと同等の装備に加え、サイドエアバッグが標準で備わった。価格は315.0万円とSVより14万円安い設定となった。ワゴンも車名が「406ブレイク2.0」となり、オートエアコン、オートワイパー、フォグランプを装備、価格は329.0万円となる。

「406V6 3.0」シリーズはフロントシートにアームレストが装備されるとともに、バンパーおよびサイドモールにクロームラインを施したのが新しい点だ。価格はセダンが384.0万円(従来モデルより5万円高)、ワゴンである「406ブレーク」が415.0万円(同16万円高)である。

「406V6 3.0」シリーズの「レザーパッケージ」ではトリップコンピューターが新設定されたことに加え、新デザインの革張りシート、シートヒーター、ウッド調パネルのATコンソール、ドアカーテシーランプなどが新たに装備された。価格は「406V6レザーパッケージ」が419.0万円(従来型より10万円高)、「406ブレークV6レザーパッケージ」が450.0万円(同10万円高)となっている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る