「スバル・トレジア」の燃費が向上

2012.08.01 自動車ニュース

「スバル・トレジア」の燃費が向上

富士重工業は2012年8月1日、コンパクトカー「トレジア」を一部改良し、発売した。

「トレジア」は、スバルがトヨタよりOEM供給を受けるコンパクトカー。
今回の改良では、1.5リッターエンジンに燃焼改善やフリクション低減などを施したほか、伝達効率が高められたCVTの採用により燃費を向上させた。1.5リッターモデル(FF車)で19.0km/リッターの燃費を実現した(JC08モード)。

また、1.3リッターと1.5リッターのFF車(「1.5i」を除く)に「アイドリングストップパッケージ」をオプションとして設定。アイドリングストップ機構を搭載した場合の燃費は、1.3リッターFF車で19.6km/リッター、1.5リッターFF車は、20.6km/リッターとなる。

価格は、「1.3i」(FF車)の143万円から「1.5i TYPE EURO」(FF車)の189万3000円まで。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

トレジアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・トレジア1.3i-S(FF/CVT)【ブリーフテスト】 2010.12.20 試乗記 ……172万2000円
    総合評価……★★★★

    「トヨタ・ラクティス」の兄弟車、「スバル・トレジア」に試乗。他のスバル車にも通ずるという、使い勝手や乗り心地を確かめた。
  • スバル・デックス1.3i-S 2008.11.14 画像・写真 スバルからデビューした新型コンパクトカー、「デックス」のディテールを写真で紹介する。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る