「ポルシェ918」が伝統のマルティーニカラーに

2012.08.01 自動車ニュース

「ポルシェ918スパイダー」が伝統のマルティーニカラーに

独ポルシェは2012年8月1日、現在開発中のスーパースポーツカー「918スパイダー」に、往年のポルシェレーシングカーを思わせるマルティーニのカラーリングを施したと発表した。

マルティーニとポルシェレーシングカーの関係は古く、1960年代の終わりまでさかのぼることができる。とりわけ1970年代は、マルティーニストライプをまとった「ポルシェ917」「935」「936」などが目覚しい活躍を見せたため、今なお「マルティーニ ポルシェ」に対して、ひとかたならぬ思いを抱いているファンは少なくないだろう。

これまではシルバーだったり、ブラックだったり、特にこれといったカラースキームを持たなかった「918スパイダー」だが、ニュルブルクリンクの北コース「ノルドシュライフェ」での走行テストを開始するにあたり、伝統のカラーの採用を決めたという。

918スパイダーは、4.6リッターV8エンジンとモーターを組み合わせたパラレル方式のフルハイブリッドシステムを搭載する4WDのスポーツカー。システムの総出力は770ps以上に達し、0-100km/h加速は3秒以下、最高速は325km/hを超すとうたわれる。1周約21kmのノルドシュライフェでは、7分22秒を切るラップタイムが目標とか。

(webCG 竹下)

伝統のマルティーニストライプが施された「ポルシェ918スパイダー」。
伝統のマルティーニストライプが施された「ポルシェ918スパイダー」。
1960年代の終わりから70年代前半にかけて活躍したレーシングカー「ポルシェ917」。
1960年代の終わりから70年代前半にかけて活躍したレーシングカー「ポルシェ917」。
数あるマルティーニカラーの中でも、直接のモチーフとなっているのは「ポルシェ935」のようだ。
数あるマルティーニカラーの中でも、直接のモチーフとなっているのは「ポルシェ935」のようだ。
キャビンの背後に4.6リッターV8エンジンを中心としたハイブリッドシステムを搭載。フロントにもモーターを搭載する。
キャビンの背後に4.6リッターV8エンジンを中心としたハイブリッドシステムを搭載。フロントにもモーターを搭載する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

918スパイダーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)【海外試乗記】 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】NEW 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚き値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る