「ポルシェ918」が伝統のマルティーニカラーに

2012.08.01 自動車ニュース

「ポルシェ918スパイダー」が伝統のマルティーニカラーに

独ポルシェは2012年8月1日、現在開発中のスーパースポーツカー「918スパイダー」に、往年のポルシェレーシングカーを思わせるマルティーニのカラーリングを施したと発表した。

マルティーニとポルシェレーシングカーの関係は古く、1960年代の終わりまでさかのぼることができる。とりわけ1970年代は、マルティーニストライプをまとった「ポルシェ917」「935」「936」などが目覚しい活躍を見せたため、今なお「マルティーニ ポルシェ」に対して、ひとかたならぬ思いを抱いているファンは少なくないだろう。

これまではシルバーだったり、ブラックだったり、特にこれといったカラースキームを持たなかった「918スパイダー」だが、ニュルブルクリンクの北コース「ノルドシュライフェ」での走行テストを開始するにあたり、伝統のカラーの採用を決めたという。

918スパイダーは、4.6リッターV8エンジンとモーターを組み合わせたパラレル方式のフルハイブリッドシステムを搭載する4WDのスポーツカー。システムの総出力は770ps以上に達し、0-100km/h加速は3秒以下、最高速は325km/hを超すとうたわれる。1周約21kmのノルドシュライフェでは、7分22秒を切るラップタイムが目標とか。

(webCG 竹下)

伝統のマルティーニストライプが施された「ポルシェ918スパイダー」。
伝統のマルティーニストライプが施された「ポルシェ918スパイダー」。
1960年代の終わりから70年代前半にかけて活躍したレーシングカー「ポルシェ917」。
1960年代の終わりから70年代前半にかけて活躍したレーシングカー「ポルシェ917」。
数あるマルティーニカラーの中でも、直接のモチーフとなっているのは「ポルシェ935」のようだ。
数あるマルティーニカラーの中でも、直接のモチーフとなっているのは「ポルシェ935」のようだ。
キャビンの背後に4.6リッターV8エンジンを中心としたハイブリッドシステムを搭載。フロントにもモーターを搭載する。
キャビンの背後に4.6リッターV8エンジンを中心としたハイブリッドシステムを搭載。フロントにもモーターを搭載する。
関連記事
  • ポルシェ918スパイダー(4WD/7AT)【海外試乗記】 2013.12.13 試乗記 燃費は3リッター/100km(約33km/リッター)、CO2排出量は70g/kmと、コンパクトカーをもしのぐ環境性能を備えながら、0-100km/hをわずか2.6秒で駆けぬける新時代のスーパースポーツカー「ポルシェ918スパイダー」。そのステアリングを握る日がいよいよやってきた。舞台はスペインのバレンシアサーキット。887psを路面にたたきつける!
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.5.23 画像・写真 最高出力800psのV12エンジンを搭載する、フェラーリの新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」が日本上陸。東京都内で初披露された。そのディテールを写真で紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第410回:ランボルギーニ開発のキーマン
    “最速の猛牛”「ウラカン ペルフォルマンテ」を語る
    2017.5.11 エディターから一言 ドイツ・ニュルブルクリンクサーキットのノルドシュライフェ(北コース)で、量産車の最速ラップタイムを保持している「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。“最速の猛牛”の強さの秘密はどこにあるのか? ランボルギーニの研究・開発部門担当取締役であるマウリツィオ・レッジャーニ氏に聞いた。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • 第413回:いよいよ600ps超の4WDマシンへ
    今秋発表の新型「BMW M5」に先行試乗!
    2017.5.17 エディターから一言 「BMW M5」が2017年秋、その歴史において大きく、かつ重要な一歩を踏み出す。新型は、いよいよ600ps超のパワーを持つに至り、それに伴い4WD化されるというのだ。南フランスのテストコースでプロトタイプに試乗した。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「フィット」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年6月下旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトカー「フィット」に関する情報を、ホームページで先行公開した。先進安全運転支援システムを採用したほか、エクステリアがよりスポーティーにリフレッシュされる。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る