三菱、「ミラージュ」「ランサー」に車種追加

1998.11.05 自動車ニュース
 
 
981105_014.gif

三菱、「ミラージュ」「ランサー」に車種追加(11/5)

三菱自動車は「ミラージュ」と「ランサー」にターゲットをしぼりこんだ新グレードを追加、10月29日より発売した。

「ミラージュ」に設定されたのは3ドアの「モダークリミテッド」と4ドアの「エクシード」だ。前者はクロームメッキパーツを用いた外観とウッド調パネルにベージュ系シート地などの内装を特徴としている。エンジンは1.3リッター4気筒(88ps)で、価格は109.8万円(東京・大阪・名古屋・岡山)だ。後者はメッキドアハンドルをはじめ、木目調パネルやウッドステアリングホイールなどで高級感を与えられたモデルだ。110psの1.5リッター4気筒DOHC16バルブエンジンにINVECS-IIスポーツモードATを搭載しており、価格は159.8万円(同)となる。

「ミラージュアスティ」には「スポーツ1300」(116.8万円)および「スポーツ1500」(138.8万円)が追加設定された。特徴はスポーティ感が強調されている点で、エンジンは前者に1.3リッター、後者に1.5リッターDOHCが搭載される。専用フロントバンパーとグリルをはじめ、サイドストライプ、カーボン調センターパネル、ホワイトメーターなどの装備を与えられている。

「ミラージュアスティ」に「RXバージョンR」が設定されたのも今回からだ。175psの1.6リッター4気筒DOHC「MIVEC」エンジンはカムプロファイルの切り換えタイミングの変更およびチタン合金製吸気バルブの採用を特徴としており、加えて水冷式エンジンオイルクーラー、高剛性フロント&リアサスペンション、クイックステアリングシステム、さらに大型リアスポイラー、OZ製15インチアルミホイール、モモ製ステアリングホイールなどを装着している。価格は179.8万円(東京・大阪・名古屋・岡山)だ。

「ランサー」にはユーザーの上級車志向に対応した「エクシード」が設定された。専用フロントグリル、メッキドアハンドルを採用し、木目調センターパネル、ウッドステアリングホイール、チタンカラードアハンドル、フルオートエアコンなどが装備されている。1.5リッター4気筒DOHCエンジン(110ps)にINVECS-IIスポーツモードATが組み合わされており、価格は159.8万円(東京・大阪・名古屋・岡山)となっている。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る