スポーティなエアロ「プレサージュ」登場

1998.11.06 自動車ニュース
 
 
981106_019.gif

スポーティなエアロ「プレサージュ」登場(11/6)

日産自動車は「プレサージュ」にエアロパーツを装備してスポーティな雰囲気を高めた「パシフィーク」を設定、11月4日より発売した。

「日産プレサージュパシフィーク」はCIIというグレードをベースに開発されたもので、専用の内外装を特徴としている。フロントバンパー、リアアンダープロテクター、サイドシルプロテクターなどのエアロパーツによってスポーティ感を盛り込むとともに、専用シート地、専用木目調パネル、本革巻ステアリングホイールを装備したうえ、色調をブルーに統一したインテリアを特徴としている。

「日産プレサージュパシフィーク」に用意されるエンジンは、150psの2.4リッター直列4気筒DOHC「KA24DE」、220psの3リッターV6DOHC「VQ30DE」、そして「NEO Di」と呼称される150psの4気筒DOHCディーゼルエンジン「YD25DDTi」だ。V6はRWDにのみ組み合わせられるが、ほかの2つのエンジンはRWD、4WDともに搭載される。価格は「KA24DE」搭載RWDの254.8万円からとなる。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る