アストラはじめ新型オペル続々登場

1998.11.09 自動車ニュース
 
 
981109_023.gif

アストラはじめ新型オペル続々登場(11/9)

ヤナセは1999年型オペル各車を11月7日より発売した。アストラやヴィータに新モデルが追加されている。

「オペルアストラ」におけるニュースは新たに1.6リッターの「LS」と2リッターの「スポーツ」がハッチバック、ワゴンともに設定されたことだ。「スポーツ」は136psの最高出力をもち、スポーツシートやアルミホイールが標準装備となる仕様で、ハッチバックで264.0万円、ワゴンで279.0万円だ。100psの「LS」はハッチバックで216.0万円、ワゴンで231.0万円という競争力のある価格をもついっぽう、トラクションコントロールが省略されている。サイドエアバッグや電子制御ブレーキ圧配分システム付ABSなど安全装備は全車共通だ。

「ヴィータ」は新たに1.2リッターエンジン搭載車が設定されたのが新しく、3ドア「SWING1.2 16V」(159.0万円)と5ドア「GLS1.2 16V」(168.0万円)がラインナップされている。ほかのモデルと同様、サイドエアバッグと火薬式シートベルトプリテンショナーが標準装備となっていることをはじめ、電動パワーステアリングや、電動ドアミラー(「GLS」)が装備されている。

「ティグラ」はエンジンが変更されており、これまでの1.4リッターに替わって100psの1.6リッターユニットが搭載された。価格は194.0万円だ。

「オメガ」には大きな変更はない。「ベクトラ」は1998年モデルの販売が終了し、1999年モデルが来春発売されるまで、ラインナップにはのらない。

 
 

関連キーワード:
アストラセダンアストラハッチバックアストラワゴンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る