アストラはじめ新型オペル続々登場

1998.11.09 自動車ニュース
 
 
981109_023.gif

アストラはじめ新型オペル続々登場(11/9)

ヤナセは1999年型オペル各車を11月7日より発売した。アストラやヴィータに新モデルが追加されている。

「オペルアストラ」におけるニュースは新たに1.6リッターの「LS」と2リッターの「スポーツ」がハッチバック、ワゴンともに設定されたことだ。「スポーツ」は136psの最高出力をもち、スポーツシートやアルミホイールが標準装備となる仕様で、ハッチバックで264.0万円、ワゴンで279.0万円だ。100psの「LS」はハッチバックで216.0万円、ワゴンで231.0万円という競争力のある価格をもついっぽう、トラクションコントロールが省略されている。サイドエアバッグや電子制御ブレーキ圧配分システム付ABSなど安全装備は全車共通だ。

「ヴィータ」は新たに1.2リッターエンジン搭載車が設定されたのが新しく、3ドア「SWING1.2 16V」(159.0万円)と5ドア「GLS1.2 16V」(168.0万円)がラインナップされている。ほかのモデルと同様、サイドエアバッグと火薬式シートベルトプリテンショナーが標準装備となっていることをはじめ、電動パワーステアリングや、電動ドアミラー(「GLS」)が装備されている。

「ティグラ」はエンジンが変更されており、これまでの1.4リッターに替わって100psの1.6リッターユニットが搭載された。価格は194.0万円だ。

「オメガ」には大きな変更はない。「ベクトラ」は1998年モデルの販売が終了し、1999年モデルが来春発売されるまで、ラインナップにはのらない。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。webCG記者がハコネで乗った。


  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 第5回:HOTでCOOLな「CTS-V」がわが家にやってきた!
    649psのスーパーセダンの週末性能を探る
    2017.3.17 特集 キャデラックCTSと過ごす毎日を、さまざまな角度からリポートする連載「キャデラックCTSセダン日常劇場」。今回の主役は「CTS-V」である。このスーパーセダンでwebCG編集部員が家族とドライブに出掛け、ファミリーカーとしての性能を探る!
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
ホームへ戻る