ゴルフにマルチメディアステーション

1998.11.09 自動車ニュース
 
 
981109_022.gif

ゴルフにマルチメディアステーション(11/9)

フォルクスワーゲンジャパンは「ニューゴルフ」に装備を充実させた仕様を設定し、11月10日より発売する。

「ニューVWゴルフ」に設定されるのは、チルト機構付電動ガラススライディングルーフ(11万円)と、マルチメディアステーション(29万円)だ。前者はGLiとGTXに、後者はCLi、GLi、GTIに用意されている。

チルト機構付電動ガラススライディングルーフはイグニッションスイッチをオフにした状態でも前席のドアを開けないかぎり約10分間作動するうえ、キーにより車外から閉めることも可能だ。マルチメディアステーションは日本専用に開発されたもので、92万画素の低温ポリシリコンLCDモニターを備え、ナビゲーションおよびAVシステムとして機能する。コンソール内蔵型で、来年発売されるGTXには標準装備されている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る