ゴルフにマルチメディアステーション

1998.11.09 自動車ニュース
 
 
981109_022.gif

ゴルフにマルチメディアステーション(11/9)

フォルクスワーゲンジャパンは「ニューゴルフ」に装備を充実させた仕様を設定し、11月10日より発売する。

「ニューVWゴルフ」に設定されるのは、チルト機構付電動ガラススライディングルーフ(11万円)と、マルチメディアステーション(29万円)だ。前者はGLiとGTXに、後者はCLi、GLi、GTIに用意されている。

チルト機構付電動ガラススライディングルーフはイグニッションスイッチをオフにした状態でも前席のドアを開けないかぎり約10分間作動するうえ、キーにより車外から閉めることも可能だ。マルチメディアステーションは日本専用に開発されたもので、92万画素の低温ポリシリコンLCDモニターを備え、ナビゲーションおよびAVシステムとして機能する。コンソール内蔵型で、来年発売されるGTXには標準装備されている。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT)【試乗記】 2017.7.31 試乗記 専用ボディーカラーや特別な内装をまとった、「ホンダS660」の特別仕様車「ブルーノレザーエディション」に試乗。その“大人向け”の魅力を堪能しつつ、オープンエアドライブの楽しさをあらためて確認した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
ホームへ戻る