スポーティなレガシィワゴン新発売

1998.11.10 自動車ニュース
 
 
981110_028.gif

スポーティなレガシィワゴン新発売(11/10)

富士重工業は「スバルレガシィ」のツーリングワゴンに特別仕様車「TStypeR Limited」と「Brighton-S」を設定し、11月2日より発売した。

「スバルレガシィツーリングワゴンTStypeR Limited」は155psの2リッター「TStypeR」をベースに、スポーティな装備を盛り込んだ仕様だ。16インチアルミホイールをはじめ、205/50R16タイヤ、ダイレクトタイプルーフレール、エアバッグ内蔵MOMO製革巻ステアリングホイール、CDプレイヤー内蔵100Wオーディオなどを装備し、価格は5MTが239.8万円、電子制御4ATが249.1万円となっている。

「スバルレガシィツーリングワゴンBrighton-S」は137psの2リッターリーンバーンエンジン搭載「Brighton」を ベースに快適装備を充実させた仕様だ。CDプレイヤー内蔵100Wオーディオに加え、エアバッグ内蔵革巻ステアリングホイール、15インチアルミホイール、コーナリングランプ付4灯ハロゲンヘッドランプ、木目調パネルを装備している。価格は229.8万円だ。

 
 

関連キーワード:
レガシィツーリングワゴン スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • BMW i8ロードスター(4WD/6AT)【海外試乗記】 2018.5.21 試乗記 次世代のモビリティーを提案するプラグインハイブリッド車であり、BMWのスポーツカーのなかでも最も高額なモデルである「BMW i8」。マイナーチェンジとともに追加されたオープントップの「ロードスター」に、風光明媚なスペイン・マヨルカ島で試乗した。
  • スバルが「WRX」シリーズを一部改良 安全装備を強化 2018.5.2 自動車ニュース スバルが「WRX S4/STI」に一部改良を実施。WRX S4に搭載されるアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良し、衝突回避支援機能を強化した。一方WRX STIには、メーカーオプションとして新たにサンルーフが設定された。
ホームへ戻る