スポーティなレガシィワゴン新発売

1998.11.10 自動車ニュース
 
 
981110_028.gif

スポーティなレガシィワゴン新発売(11/10)

富士重工業は「スバルレガシィ」のツーリングワゴンに特別仕様車「TStypeR Limited」と「Brighton-S」を設定し、11月2日より発売した。

「スバルレガシィツーリングワゴンTStypeR Limited」は155psの2リッター「TStypeR」をベースに、スポーティな装備を盛り込んだ仕様だ。16インチアルミホイールをはじめ、205/50R16タイヤ、ダイレクトタイプルーフレール、エアバッグ内蔵MOMO製革巻ステアリングホイール、CDプレイヤー内蔵100Wオーディオなどを装備し、価格は5MTが239.8万円、電子制御4ATが249.1万円となっている。

「スバルレガシィツーリングワゴンBrighton-S」は137psの2リッターリーンバーンエンジン搭載「Brighton」を ベースに快適装備を充実させた仕様だ。CDプレイヤー内蔵100Wオーディオに加え、エアバッグ内蔵革巻ステアリングホイール、15インチアルミホイール、コーナリングランプ付4灯ハロゲンヘッドランプ、木目調パネルを装備している。価格は229.8万円だ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル、アイサイトの機能を大幅に強化 2017.6.19 自動車ニュース スバルは2017年6月19日、運転支援システム「アイサイト」の機能を大幅に強化し、今夏に発表予定の改良型「レヴォーグ」と「WRX S4」に搭載すると発表した。
  • スバル、「レヴォーグ」と「WRX S4」を2017年夏に改良 2017.6.5 自動車ニュース スバルは2017年6月5日、「レヴォーグ」と「WRX S4」を大幅改良すると発表した。車両の発表は2017年の夏を予定している。新しいレヴォーグとWRX S4には、大きく進化したアイサイトが搭載される見込み。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る