スポーティなレガシィワゴン新発売

1998.11.10 自動車ニュース
 
 
981110_028.gif

スポーティなレガシィワゴン新発売(11/10)

富士重工業は「スバルレガシィ」のツーリングワゴンに特別仕様車「TStypeR Limited」と「Brighton-S」を設定し、11月2日より発売した。

「スバルレガシィツーリングワゴンTStypeR Limited」は155psの2リッター「TStypeR」をベースに、スポーティな装備を盛り込んだ仕様だ。16インチアルミホイールをはじめ、205/50R16タイヤ、ダイレクトタイプルーフレール、エアバッグ内蔵MOMO製革巻ステアリングホイール、CDプレイヤー内蔵100Wオーディオなどを装備し、価格は5MTが239.8万円、電子制御4ATが249.1万円となっている。

「スバルレガシィツーリングワゴンBrighton-S」は137psの2リッターリーンバーンエンジン搭載「Brighton」を ベースに快適装備を充実させた仕様だ。CDプレイヤー内蔵100Wオーディオに加え、エアバッグ内蔵革巻ステアリングホイール、15インチアルミホイール、コーナリングランプ付4灯ハロゲンヘッドランプ、木目調パネルを装備している。価格は229.8万円だ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【試乗記】 2017.8.15 試乗記 専用チューニングのエンジンとシャシー、そして空力デバイスが用いられた「メルセデスAMG GT」のハイパフォーマンスモデル「GT R」。高性能スポーツモデルの“聖地”、ニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで鍛えられたその走りを試す。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • 第432回:公道で「アイサイト・ツーリングアシスト」を体験!
    先進の運転支援システムの“現状”と“課題”を考える
    2017.8.12 エディターから一言 「WRX S4」「レヴォーグ」の改良モデルから導入が進められている、スバルの最新運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」。より緻密になった加減速の制御と、強化された操舵支援機能を、渋滞の首都高速道路で試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る