大きくなった新型「ルーテシア」発売

1998.11.10 自動車ニュース
 
 
981110_030.gif

大きくなった新型「ルーテシア」発売(11/10)

フランスモーターズは新型「ルノールーテシア」を1999年1月より発売すると発表した。新開発の1.6リッターを搭載しているのが特徴で、価格は189.0万円からだ。

新型「ルノールーテシア」は本国ではクリオII と呼ばれるモデル(日本ではホンダの販売チャネルとの関係で独自のモデル名が与えられている)で、この春にモデルチェンジが行われた。

新型「ルーテシア」のボディサイズは全長x全幅x全高=3770(従来型よりプラス50)x1640(同プラス5)x1420(同プラス25)mmで、室内空間が拡大している。エンジンは新開発の1.6リッター直列4気筒SOHCエンジン(90ps)で、これに学習機能付4段オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。日本には3ドア(189.0万円)と5ドア(198.0万円)が導入される。

新型「ルーテシア」は安全面が強化されているのもセリングポイントのひとつで、フレーム構造を強化して衝突安全席を高めていることをはじめ、前席デュアルエアバッグ、さらにサイドエアバッグを装備している。

「トゥインゴ」もマイナーチェンジが行われた。フロントまわりのデザインが一部変更されボディ同色タイプのバンパーが採用されるとともに、前席デュアルエアバッグおよびサイドエアバッグが標準装備となった。さらにシート生地、スイッチ類のデザインおよびカラーも変更されている。価格は「パック」が149.0万円、2ペダルの」「イージー」が155.0万円となっている。

「メガーヌ」では学習機能付ATが新採用された。「クーペ2.0」は今回ラインナップから落された。価格は「ハッチバック2.0」が249.0万円、「クーペ16V」が279.0万円、「セニック」が279.0万円である。また現在日本におけるルノーのトップオブザレンジに位置する「ラグナRTE」はサイドエアバッグが装備されたことをはじめ、ヘッドランプのデザインが変更され、さらに学習機能付ATの搭載、右ハンドルモデルの導入などを特徴としている。価格は299.0万円である。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • スズキ、「スペーシア カスタムZ」を発売 2016.12.26 自動車ニュース スズキは2016年12月26日、軽乗用車「スペーシア」シリーズに新モデル「カスタムZ」を追加し、販売を開始した。併せて既存のスペーシアシリーズにも一部仕様変更を実施し、同日販売を開始した。
  • 【デトロイトショー2017】スバル、2018年型「WRX/WRX STI」を発表 2017.1.6 自動車ニュース 富士重工業は2017年1月6日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー/開催期間:2017年1月8日~22日)で、2018年型「スバルWRX/WRX STI」の米国仕様を公開すると発表した。
ホームへ戻る