大きくなった新型「ルーテシア」発売

1998.11.10 自動車ニュース
 
 
981110_030.gif

大きくなった新型「ルーテシア」発売(11/10)

フランスモーターズは新型「ルノールーテシア」を1999年1月より発売すると発表した。新開発の1.6リッターを搭載しているのが特徴で、価格は189.0万円からだ。

新型「ルノールーテシア」は本国ではクリオII と呼ばれるモデル(日本ではホンダの販売チャネルとの関係で独自のモデル名が与えられている)で、この春にモデルチェンジが行われた。

新型「ルーテシア」のボディサイズは全長x全幅x全高=3770(従来型よりプラス50)x1640(同プラス5)x1420(同プラス25)mmで、室内空間が拡大している。エンジンは新開発の1.6リッター直列4気筒SOHCエンジン(90ps)で、これに学習機能付4段オートマチックトランスミッションが組み合わせられる。日本には3ドア(189.0万円)と5ドア(198.0万円)が導入される。

新型「ルーテシア」は安全面が強化されているのもセリングポイントのひとつで、フレーム構造を強化して衝突安全席を高めていることをはじめ、前席デュアルエアバッグ、さらにサイドエアバッグを装備している。

「トゥインゴ」もマイナーチェンジが行われた。フロントまわりのデザインが一部変更されボディ同色タイプのバンパーが採用されるとともに、前席デュアルエアバッグおよびサイドエアバッグが標準装備となった。さらにシート生地、スイッチ類のデザインおよびカラーも変更されている。価格は「パック」が149.0万円、2ペダルの」「イージー」が155.0万円となっている。

「メガーヌ」では学習機能付ATが新採用された。「クーペ2.0」は今回ラインナップから落された。価格は「ハッチバック2.0」が249.0万円、「クーペ16V」が279.0万円、「セニック」が279.0万円である。また現在日本におけるルノーのトップオブザレンジに位置する「ラグナRTE」はサイドエアバッグが装備されたことをはじめ、ヘッドランプのデザインが変更され、さらに学習機能付ATの搭載、右ハンドルモデルの導入などを特徴としている。価格は299.0万円である。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る