「クサラ」に高性能モデルとワゴン追加

1998.11.12 自動車ニュース
 
 
981112_034.gif

「クサラ」に高性能モデルとワゴン追加 (11/12)

新西武自動車販売は「シトロエンクサラ」の新ラインナップを11月9日より販売開始した。高性能モデルとワゴンが追加された。

「シトロエンクサラ」のわが国におけるラインナップにはさまざまな変更が加えられた。最大の眼目はバリエーションが増えたことで、具体的には165psの高性能版「VTS」およびワゴンである「ブレーク」の追加である。

「クサラVTS」は165psの2リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載する2ドア版で、トランスミッションは5段マニュアル、サスペンションは強化型が組み合わせられている。内装面ではフルレザーシートに革巻ステアリングホイールという専用装備が与えられている。ハンドル位置は右のみで価格は299.0万円だ。

「クサラブレーク」はセダンに対してリアのオーバーハングを190mm延長したステーションワゴン版で、今回は100psの1.8リッター4気筒SOHCエンジン搭載の「SX」と、新しいエグザンティアと共通する130psの2リッター4気筒DOHCエンジン搭載「エクスクルーシブ」の2モデルが同時に発売された。いずれも右ハンドル、4AT仕様で、「SX」は235.0万円、「エクスクルーシブ」は279.0万円となっている。

「クサラ」に従来から設定されていたセダンのうち「エクスクルーシブ」はパワープラントが一新され、「ブレークエクスクルーシブ」と同じ130psの2リッターエンジンが搭載された。さらに今回から15インチのアルミホイールが装着された。価格は1.8リッター「SX」が220.0万円、「エクスクルーシブ」が264.0万円だ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエン・クサラVTR(5MT)【ブリーフテスト】 2003.6.25 試乗記 ……199.0万円
    総合評価……★★★★




  • クサラVTSはかなり速い 1998.11.13 自動車ニュース 新西武自動車販売が11月9日に発売した「シトロエンクサラ」の高性能モデル「VTS」に試乗した。やっぱりマニュアルはイイ。「シトロエンクサラVTS」はクサラシリーズにおけるホッテストバージョンで、全長x全幅x全高=4165x1710x1365の2ドアボディに、165psの2リッター4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載している。トランスミッションはラインナップ中ゆいいつの5段マニュアルで、本革シートもおごられて価格は299.0万円となっている。「クサラVTS」はわかりやすいクルマだ。このクラスの欧州車によくあるように、「このクルマは速いんだ!」ということを大きなエンジン音と堅い乗り心地で直截的に表現している。革のシートは一見豪華快適風だが、じつはクッションが固く(最初からバケットシートにしてくれたほうがどんなに嬉しいか)、「VTS」が全身でスポーティさを強調していることがわかる。くどいくらいに。 乗ってみると、勇ましい吸気音はともかく、回転がスムーズにレッドゾーンまで上がっていくのに胸が躍る。走行距離が1000km台のせいかやや固めのギアを入れてクラッチをつなぎ、ガスペダルを踏んだときの加速感は爽快だ。19.7kgmの最大トルクを5500rpmで発生するエンジンは、実際は低中回転域から十分なトルクを出すので、ふつうに走るのもラクだ。クルマ好きだったら、楽しい!と思うのは確実だ。街中では路面からの突き上げを少なからず感じるが、高速に入ると乗り心地はフラットになる。このへんの味つけは上手だし、高速域でも風切り音が少なく、「VTS」の完成度の高さをうかがわせる。ハンドリングもニュートラルで、僕はエグザンティアのインフォメーションのないステアリングフィールより、「クサラ」のほうが好ましい。考えてみると、このクラスのドイツ車で、同じような感覚を味わわせてくれるMT車は、もはやわが国には輸入されていない。3ドアボディはリアに軽くノッチがついているので一見してクーペのようだが、じつはハッチバック。ラゲッジルームは驚くほど広くないが、そのぶん後部座席におとな2人がちゃんと座っていられる。問題はペダルレイアウトで、クラッチペダルが中央に寄りすぎている点が気になる。もっともしばらく走っていたら慣れたので、自分のクルマにすれば気にならなくなるだろう。ライバルはというと、プジョー306S16やアルファロメオ145がすぐに思い浮かぶ。「走りの2リッター」として比較した場合、全方位的に完成度の高い「クサラVTS」に僕は軍配をあげたい。価格をもうすこし安くしてほしいのと、スペシャルなクルマなんだという演出が室内外に盛り込んでほしい、というのが望みである。(Web CG オガワ)クサラVTSは、かつてのCXターボやBXスポール以来、ひさびさに胸のすくような痛快さを味あわせてくれるスポール・シトロエンでありました。かなりガチガチのサスペンションも、走行距離が伸びて当たりがついてくれば、シトロエンらしいしなやかさが増してくるだろうと思われた。スポーツ指向の武闘派シトロエニストには福音のようなクルマだといえるでしょう。ちなみに燃費は、最悪でリッター8.4km、最高でリッター11km。もっとも、かなり飛ばしたので、おとなしく走ればもう少しよくなると思うけれど。(Web CG スヤマ)
  • プジョー206 S16インプレッション 1999.8.2 自動車ニュース インチケーププジョージャパンが7月2日より発売した「プジョー206 S16」に試乗した。「プジョー206 S16」は先行発売されている206シリーズの最も上位に位置づけられる高性能モデルだ。エンジンは新開発の2リッター4気筒DOHC16バルブで、137馬力の最高出力を発生する。トランスミッションは5段マニュアルのみで、ボディは2ドアにかぎられる。価格は245.0万円だ。「プジョー206 S16」のさらなる特徴は、強化されたサスペンション、通気式フロントディスクブレーキ、専用15インチアルミホイール、フレアのついたフロントフェンダー、4灯式ヘッドランプなどがあげられる。内装面では、シート生地が本革とアルカンタラのコンビネーションになることをはじめ、アルミのシフトノブおよびペダル類を備えている。なお外板色はチャイナブルー、ルシファーレッド、タンジェリンオレンジ、そして専用色のムーンストーングレーとなる。乗ってまず印象に残ったのは、期待していたほどパワフルじゃないな、ということでした。スポーティな位置づけのモデルだから、大トルクがいきなり、かなと思っていたのですが、エンジンは回転でかせぐタイプでした。でも高回転まで回しても力は出ません。カムのプロファイルは低中回転重視となっているんです。乗りやすさを狙ったセッティングです。ただし、カムシャフトのプロファイルと、吸気マニフォルドのチューニングをうまくイジればかなり狂暴な性格になるかもしれません。そういう雰囲気を漂わせているのは事実です。偏平率55というロープロファイルのタイヤなので乗り心地はゴツゴツしているのですが、これはタイヤのせいだけで、フロントサスペンションはじつは柔らかいんです。一方でリアはアンダーステアを消すためにロール剛性を高めています。これによってコーナリング時にフロントが沈むこむいっぽうで、リアが負けずに追従するようになっています。フロントサスペンションはちょっとバタつきますね。やっぱりエンジンが重いからピッチングがおきてしまうんでしょう。フツウのひとには思ったほどスポーティでないと感じられるかもしれませんが、実際はかなり限界が高いですね。ほかの206シリーズに比べるとステアリングフィールもかなりいいんです。ただし、たとえばシトロエンクサラVTSとくらべると、あちらのほうがスポーティですね。S16はゴルフGTIと同じような方向を向いていると思います。家族で使えるスポーティカーというコンセプトですね。そのいっぽうでシートは昔のフランス車のようにソフトなもので、とてもよかったです。 松本英雄 小川フミオ
  • 「シトロエン・クサラ」に豪華装備の限定車 2004.6.22 自動車ニュース シトロエンジャポンは、「クサラ」シリーズに、電動ガラスサンルーフや6連奏CDチェンジャーなどを付与した特別限定車「ベルエアパッケージ」を設定。2004年7月1日から販売を開始する。ベルエアは、仏語で“素晴らしい雰囲気”の意。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る