スポーティな装いの「ボルボV70」

1998.11.24 自動車ニュース
 
 
981124_051.gif

スポーティな装いの「ボルボV70」(11/24)

ボルボカーズジャパンはルーフスポイラーや専用アルミホイールを装着しつつ価格を抑えた「V70ノルディック」を発売した。

「ボルボV70ノルディック」は10月からデリバリーが始まった特別仕様車だ。特徴は、内外装備が充実しているところにある。エクステリアではルーフ後端のスポイラーと専用アルミホイール、装備ではCDプレイヤー内蔵オーディオが設定されている。

「V70ノルディック」(写真)はワゴンボディに2.5リッター5気筒DOHC4バルブエンジンを搭載しており、車両価格は470.0万円。ボルボカーズジャパンによると、同じエンジン搭載の1998年モデル、V70 2.5 20Vと比べて10万円低い設定になっているそうだ。

同時にセダンの特別仕様車「S70クラシック」も発売された。1998年の同価格モデルであるS70 2.5 20Vに対して、パワーの面でも装備の面でも充実しているのが特徴だ。

エンジンは、2.5リッター5気筒DOHC4バルブで、これに低中回転域のトルクアップを目指した小型の低圧ターボチャージャーが組み合わせられて193psの最高出力を発生する。現在のカタログモデルには同じパワーをもつ車種は設定されていない。

「S70クラシック」のもうひとつ特徴としては、本革シートやCDプレイヤー内蔵オーディオなどの装備がおごられていることだ。約40万円相当のこれらの装備にもかかわらず、価格は1998年のS70 2.5 20Vと同等に設定されている。

近日中に上記モデルの試乗記をお届けします。晩秋の軽井沢でスヤマ記者が乗ってきました。

 
 

関連キーワード:
V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ニューヨークショー2018(ボルボ) 2018.4.6 画像・写真 2018年のニューヨークモーターショーで、ボルボはコンパクトSUV「XC40」の新たな最上級グレード「インスクリプション」や、ミドルサイズワゴンの「V60」などを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • ジュネーブモーターショー2018(その8) 2018.3.9 画像・写真 ボルボはジュネーブモーターショー2018で、新型「V60」を一般公開した。その姿を画像で紹介する。
  • 第1回:新型「XC60」はここに注目! 2017.11.29 徹底検証! ボルボXC60 ボルボのミドルサイズSUV「XC60」がフルモデルチェンジ。日本国内でも2017年10月に販売が開始された。世界的に人気を博したモデルの新型には、どんな特徴があるのか。詳しく解説する。
ホームへ戻る