スポーティな「エスクード」発売

1998.11.27 自動車ニュース
 
 
981127_058.gif

スポーティな「エスクード」発売(11/27)

スズキ株式会社は「エスクードG-リミテッド」を11月20日より発売した。スポイラーやクロムグリルを備えた特別仕様だ。

「スズキエスクードG-リミテッド」はスポーティな外観と豊富な装備を特徴としたモデルだ。ルーフエンドスポイラー、スペアタイヤハウジング、アンダースポイラー(3ドア)、メッキフロントグリルカバーに加え、フォグランプ、熱線入り電動ドアミラー、外気温度計などのマルチメーター、専用シート地、前席左右エアバッグ、ツートーンの外板色などを備えている。

ラインナップは1.6リッター3ドアと2リッター5ドアで、前者には5MTと4AT、後者には4ATが組み合わせられる。駆動方式は全車4WDだ。価格は1.6リッター5MTが176.3万円、同4ATが188.8万円、2リッター4ATが211.8万円となっている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.5.18 試乗記 スズキのコンパクトクロスオーバー「SX4」がフルモデルチェンジ。名前も新たに「SX4 Sクロス」となった新型の試乗を通し、今日におけるスズキの“登録車”の実力を探った。
ホームへ戻る