熟成した「ボルボV70ノルディック」に乗る

1998.11.27 自動車ニュース
981127_063.gif

熟成した「ボルボV70ノルディック」に乗る(11/27)

ボルボの特別仕様車、「V70ノルディック」に晩秋の軽井沢で試乗した。特別装備を追加して価格を下げた、お買い得モデルだ。

「ボルボV70ノルディック」は、2.5リッター20バルブ直5DOHCエンジン搭載車をベースに、リアルーフスポイラー、専用アルミホール、CDプレーヤー付きオーディオなどを装備した特別モデル。98年モデルまで存在した同格の「V70 2.5 20V」と比べて、装備が充実したうえに10万円安の470万円となっている。

2.5リッター自然吸気エンジンは165ps/6100rpmの最高出力と22.4kgm/4700rpmの最大トルクを発生する。その数値こそ98年モデルと大差がないけれど、99年モデルからはエンジン部品の80パーセントが材質や形状などのリニューアルを受けている。またエンジンマネージメントシステムの変更や電子スロットル、学習機能つき4ATが採用されたことによって、燃費が向上し(105モードでリッター8.4キロから9.0キロ)、排ガス浄化機能も改善されたという。

安全装備でもいくつかの改善が図られている。SIPSバッグと呼ばれるサイドエアバッグには側頭部の保護機能が加わり、反応速度も向上している。ABSはブレーキ圧の配分機構EBSつきとなった。またシートベルトはフォースリミッターとプリテンショナーが標準装備となっている。

実際に乗ってみると、さすがにワゴンとしての成熟度の高さに感心した。肉厚で大ぶりのシートはどっしりとした座り心地でホールドがよく、長時間座っていても疲労が少なそうだ。室内空間は前席、後席とも十分できゅうくつさはない。乗り心地は低速から高速まで、一貫して柔らかめ。とはいえ高速道路でのフラット感は十分にある。同時に乗ったスポーティな「S70クラシック」では後席に座っているとリアサスペンションの突き上げが強く感じられたが、「V70ノルディック」では重量配分や足回りの設定の差なのか、後輪からの突き上げがずっと少なく、後席の居心地はとくに快適だった。

自然吸気のエンジンは1530kgのボディに対してやや力不足の感じがあり、とくに高速での追い越し加速では少々歯がゆい思いをする。けれど、ベーシックなワゴンという性格を考えれば十分な動力性能だろう(飛ばしたい向きには別の高性能グレードもあるし)。ハンドリングは素直で、とても扱いやすい。ブレーキにも特に不満は感じられなかった。「V70ノルディック」は、ワゴンとしてバランスが総合的によく取れた、実用度の高い1台だと思われた。(Web CGスヤマ/写真=河野敦樹)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。