パワーアップした新型アルファスパイダー発売

1998.12.07 自動車ニュース
 
 
981207_009.gif

パワーアップした新型アルファスパイダー発売(12/7)

フィアットオートジャパンは「ニューアルファスパイダー」を12月1日より発売した。向上したエンジン出力やMOMO製の革内装などを特徴とするマイナーチェンジ版だ。

「ニューアルファスパイダー」の特徴は、エンジン出力のアップ、内外装の変更、右ハンドル化などにある。2リッター4気筒DOHC「ツインスパーク」エンジンには手が入れられ、エンジンの負荷に応じてインテークマニフォルド長を変化させることでフレキシビリティを高めている。最高出力は従来の145psから155psに、最大トルクも19.0kgmから19.1kgmに、それぞれ向上した。最大トルクの発生回転数が従来の4000rpmより3500rpmに下がったことで、扱いやすさが増した点もセリングポイントとなっている。

エクステリアでは、フロントグリルにクロームの縁どりがついたことをはじめ、ボディ同色バンパー、サイドスカート、新しい外板色の採用などが新しい。インテリアでは、速度計と回転計の縁取りがチタニウムカラーとなったことに加えて、MOMO社製のレザートリムが採用されたことが注目に値する。「ニュースパイダー」のインテリアは外板色に合わせてカラーコーディネートされており、たとえばセイルブルーメタリックと呼ばれる外板色にはブルーの内装色とブルーの幌色が組み合わせられる。

価格は従来モデルより20万円アップの410.0万円だ。詳細は当サイト内の「Auto Seek」でどうぞ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【試乗記】 2016.2.25 試乗記 アルファ・ロメオのスポーツカー「4C」に、オープンバージョンの「スパイダー」が登場。フェラーリをはじめ、これまでMRスポーツに乗り継いできた清水草一が、その走りをリポートする。
  • アルファ・ロメオ4C(MR/6AT)【試乗記】 2015.8.17 試乗記 アルファ・ロメオのヒストリーにおいて、極めてまれな量産型のMRスポーツカー「4C」に試乗。カーボンを用いた軽量ボディーや専用設計のシャシー、最新のターボエンジンは、どんな走りをもたらすのか? 燃費の上方も、あわせて報告する。
  • アルファ・ロメオ4Cスパイダー(MR/6AT)【レビュー】 2016.1.29 試乗記 アルファ・ロメオのコンパクトなミドシップスポーツカー「4C」に、オープンエアモータリングを楽しめるロールトップの「スパイダー」が登場。オープンモデルならではのスタイリングや、クーペからのドライビングフィールの変化について報告する。
  • 第53回:カーマニア、堕落の選択 2017.8.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第53回は「カーマニア、堕落の選択」。5年後に還暦を迎える筆者が、次なる“牛丼車”として狙いを定めたのは、「BMW 320d」。その、安全性能は十分か否か? 「3シリーズ」の自動ブレーキとACCの進化の変遷に迫る。
  • 第51回:幸運の女神には前髪しかない 2017.7.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第51回は「幸運の女神には前髪しかない」。ディーラーのデモカーの入れ替え期、それはカーマニアにとって「狩り」の好機となる。“牛丼車”「ランチア・デルタ」の後継マシンは? ディーゼルへの想いが再燃する!
ホームへ戻る