WRC専用ボディ色の「インプレッサ」発売

1998.12.09 自動車ニュース
 
 
981209_012.gif

WRC専用ボディ色の「インプレッサ」発売(12/9)

富士重工業は「スバルインプレッサWRX」に3つの特別仕様車を設定、11月27日より発売した。今年のWRCワークスカー専用色を用意するなどしている。

スバルインプレッサ「ピュアスポーツセダンWRXtypeRA STi Version V Limited」は「WRXtypeRA STi Version V」をベースにした限定車で、スポーツ走行を前提とした装備を追加したのが特徴だ。具体的には、フロントにヘリカルLSDを装備したことをはじめ、チタンシフトノブ、シリアルナンバープレート、六連星フロントグリルエンブレム、専用シート地、オートエアコン、電動格納式ドアミラー、パワーウィンドウ、集中ドアロック、さらにワールドラリー選手権を走るインプレッサWRC1998と同じソニックブルーマイカの外板色からなる。280psの2リッター水平対向4気筒エンジンに4WDシステムを組み合わせたこのクルマ、価格は299.9万円(東京、大阪、名古屋。以下同)となる。

「スバルインプレッサピュアスポーツクーペWRXtypeRA STi Version V Limited」は「WRXtypeRA STi Version V」をベースにしたモデルだ。ソニックブルーマイカの外板色をはじめ、WRCタイプのルーフベンチレーター、六連星フロントグリルエンブレムといった専用装備を備えている。価格は300.9万円で、1999年3月までの期間限定で販売される。

「スバルインプレッサピュアスポーツセダンWRXtypeRA Limited」は「WRXtypeRA」をベースにした限定車である。ソニックブルーの専用外板色をはじめ、4センサー4チャンネルABS、マルチリフレクター式フォグランプ、LED式ハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラー、ゴールド塗装のアルミホイール、シリアルナンバープレート、専用シート地、オートエアコン、電動格納式ドアミラー、パワーウィンドウ、集中ドアロックを備えている。軽量ボディに簡略化された装備でスパルタンなスポーティ仕様というのがセリングポイントのこのモデルの価格は239.9万円である。

WRCでは残念でした。まあ、来年に期待するという意味も込めて、ファンのかたはぜひどうぞ。(Web CG オガワ)

 
 
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)【試乗記】 2012.1.23 試乗記 スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L(4WD/5MT)/インプレッサG4 2.0i-S(4WD/CVT)
    ……184万8000円/266万7000円

    初代のデビューから20年の時を経て「スバル・インプレッサ」が4代目に進化。最新型の仕上がりを、巨匠 徳大寺有恒はどう評価する?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る