WRC専用ボディ色の「インプレッサ」発売

1998.12.09 自動車ニュース
 
 
981209_012.gif

WRC専用ボディ色の「インプレッサ」発売(12/9)

富士重工業は「スバルインプレッサWRX」に3つの特別仕様車を設定、11月27日より発売した。今年のWRCワークスカー専用色を用意するなどしている。

スバルインプレッサ「ピュアスポーツセダンWRXtypeRA STi Version V Limited」は「WRXtypeRA STi Version V」をベースにした限定車で、スポーツ走行を前提とした装備を追加したのが特徴だ。具体的には、フロントにヘリカルLSDを装備したことをはじめ、チタンシフトノブ、シリアルナンバープレート、六連星フロントグリルエンブレム、専用シート地、オートエアコン、電動格納式ドアミラー、パワーウィンドウ、集中ドアロック、さらにワールドラリー選手権を走るインプレッサWRC1998と同じソニックブルーマイカの外板色からなる。280psの2リッター水平対向4気筒エンジンに4WDシステムを組み合わせたこのクルマ、価格は299.9万円(東京、大阪、名古屋。以下同)となる。

「スバルインプレッサピュアスポーツクーペWRXtypeRA STi Version V Limited」は「WRXtypeRA STi Version V」をベースにしたモデルだ。ソニックブルーマイカの外板色をはじめ、WRCタイプのルーフベンチレーター、六連星フロントグリルエンブレムといった専用装備を備えている。価格は300.9万円で、1999年3月までの期間限定で販売される。

「スバルインプレッサピュアスポーツセダンWRXtypeRA Limited」は「WRXtypeRA」をベースにした限定車である。ソニックブルーの専用外板色をはじめ、4センサー4チャンネルABS、マルチリフレクター式フォグランプ、LED式ハイマウントストップランプ内蔵リアスポイラー、ゴールド塗装のアルミホイール、シリアルナンバープレート、専用シート地、オートエアコン、電動格納式ドアミラー、パワーウィンドウ、集中ドアロックを備えている。軽量ボディに簡略化された装備でスパルタンなスポーティ仕様というのがセリングポイントのこのモデルの価格は239.9万円である。

WRCでは残念でした。まあ、来年に期待するという意味も込めて、ファンのかたはぜひどうぞ。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • フォルクスワーゲンe-ゴルフ(FF)【試乗記】 2018.1.10 試乗記 100%電気自動車の「フォルクスワーゲンe-ゴルフ」に試乗。“Cセグメントのベンチマーク”とも評される「ゴルフ」は、電動化によっていかなるクルマへと変化したのか。約250kmの試乗を通じて得られた、リポーターの結論とは!?
ホームへ戻る