中免でもOK! 豪州をハーレーで走る旅

1998.12.10 自動車ニュース
981210_014.gif

中免でもOK! 豪州をハーレーで走る旅(12/10)

オーストラリアの大地をハーレーダビッドソンで走るというツアーが開催される。大型自動二輪免許(いわゆる限定解除)がなくても参加できるのがうれしい。

このツアーはオーストラリア・メルボルン周辺を6泊7日でめぐるもの。ハーレーダビッドソンカワサキなど、希望するバイクに乗って、グレートオーシャンロードと呼ばれる風光明媚な地帯を3日間でツーリングするのがハイライトとなっている。海外での運転となるので、国際免許証を取得すれば、大型二輪免許を持っていなくても、普通自動二輪免許(50〜399ccまでの免許)があれば参加できるのが大きな魅力だ。

ツアーにはバイクジャーナリストで、ライディングレッスンプロである柏秀樹氏と、現地バイクツアーのベテランコンダクターが添乗する。バイクでの走行距離は3日で約900km。スケジュールに余裕があるので、それぞれ自分のペースで走ることができるという。また希望者はライディングレッスンを受けることもでき、予備車両やトラックも同行して旅をサポートする。スタッフは日本語が通じるので英語が話せなくても大丈夫とのこと。なお、タンデムライダーとしての参加も可能だ。メルボルン、シドニーの観光なども旅程に組まれている。

出発は1月から12月まで、毎月1度のペース。料金は出発月、使用バイクによって異なるが、ライダーが29万3000円〜39万3000円、パッセンジャーが25万3000円〜32万3000円(7月まで)。なお、カワサキのオフィシャルライダーズクラブ KAZE のメンバーについては、4〜6月出発分に限り料金が1万5000円引きとなる。ツアーの詳細についてはサンワールドツアーズ(電話03-3498-5402)までお問い合わせを。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。