タミヤ、「インプレッサ」のスケールモデル発売

1998.12.14 自動車ニュース
 
 
981214_018.gif

タミヤ、「インプレッサ」のスケールモデル発売(12/14)

田宮模型は「スバルインプレッサWRC98サファリ仕様」の24分の1スケールプラスチックモデルを発売した。

「スバルインプレッサWRC98サファリ仕様」は動物などとのクラッシュに備えたアニマルガードやプロジェクターランプが組み込まれた左右ドアミラーを特徴とするモデルだ。実際のラリーではブリゲッティの9位が最高位とふるわなかったが、英国を中心にパフォーマンスカー好きにはもはやカルトとなっているインプレッサだけに、今回のキット化も歓迎されそうだ。

タミヤのキットではサスペンションストラット、ドライブシャフト、小径化されたフロントブレーキディスクなど足まわりのパーツを新設計したことをはじめ、OZ製ホイールには左右非対称パターンのグラベル用タイヤを組み合わせるなど芸の細かいところを見せる。価格は1800円だ。

 
 

関連キーワード:
インプレッサスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る