タミヤ、「SVT F-150」トラックをRC化

1998.12.14 自動車ニュース
981214_017.gif

タミヤ、「SVT F-150」トラックをRC化(12/14)

田宮模型は「フォードSVT F-150ライトニング」ピックアップトラックを電動RC化して新発売した。モデルになった「ライトニング」は300psを超える超ド級トラックだ。

「フォードSVT F-150ライトニング」ピックアップトラックは全米のベストセラーである大型ピックアップトラック、フォードF150をベースにフォードSVT (スペシャルビークルチーム)が高性能版に仕立てあげたもので、5.4リッターV8を325psにチューンナップしたことをはじめ、シャシー、サスペンション、ボディすべてにわたって手が入れられている。今年2月のシカゴ自動車ショーで発表され、発売は1999年3月といわれている。

タミヤでは10分の1スケールの電動RCカー化するにあたって、バンパー一体型フロントスポイラー、前後のフレアードフェンダーなど「F-150ライトニング」の特徴的なフォルムをポリカーボネートを使うなどして再現している。シャシーはシャフトドライブ4WDのTL-01を使用、前後のギアケースを一体化した2分割モノコックフレームが採用されている。RC装置、バッテリー類は別売で9800円だ。

米国で現在はピックアップトラックがバカ売れである。某米国メーカーのひとに理由を聞いたところ、おりからのRVブームにもってきて、いま米国ではガソリンがバカ安で、大きなクルマへの抵抗感が薄れているというのが背景にあるそうだ。ガソリン1ガロン(3.8リッター)が75セント(約90円)というから、驚く。燃費規制はどこへ行った?(Web CG オガワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。