プジョーのライトウェイト「106スポール」発売

1998.12.15 自動車ニュース
 
 
981215_022.gif

プジョーのライトウェイト「106スポール」発売(12/15)

豊橋のカーボックスヨシダでは「プジョー106スポール」の販売を開始した。高性能エンジンを軽い車体に搭載したスポーティ仕様で、価格は179.0万円だ。

「プジョー106スポール」は106S16と同じボディに、アルミブロックの1.4リッター75psエンジンを搭載したモデルである。車重は815kgと軽量に抑えられており、フランス本国などではモータースポーツのベース車両としても人気がある。かつて日本でも並行輸入でありながら一部のマニアから高い人気を集めた106ラリーの後継車といえるクルマだ。

カーボックスヨシダ(電話0532-88-5588)が扱う「プジョー106スポール」は、青、白、赤、黒、ブルーメタリック、レッドメタリック、シルバーメタリックと7色の外板色が用意されている。なお同店では1月15日から17日にかけて「1999ニューカーフェスタ」を開催する。「106スポール」をはじめ、ルノーカングー、MT搭載のフィアットパンダなどが展示される。

 
 

関連キーワード:
106プジョー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
ホームへ戻る