プジョーのライトウェイト「106スポール」発売

1998.12.15 自動車ニュース
 
 
981215_022.gif

プジョーのライトウェイト「106スポール」発売(12/15)

豊橋のカーボックスヨシダでは「プジョー106スポール」の販売を開始した。高性能エンジンを軽い車体に搭載したスポーティ仕様で、価格は179.0万円だ。

「プジョー106スポール」は106S16と同じボディに、アルミブロックの1.4リッター75psエンジンを搭載したモデルである。車重は815kgと軽量に抑えられており、フランス本国などではモータースポーツのベース車両としても人気がある。かつて日本でも並行輸入でありながら一部のマニアから高い人気を集めた106ラリーの後継車といえるクルマだ。

カーボックスヨシダ(電話0532-88-5588)が扱う「プジョー106スポール」は、青、白、赤、黒、ブルーメタリック、レッドメタリック、シルバーメタリックと7色の外板色が用意されている。なお同店では1月15日から17日にかけて「1999ニューカーフェスタ」を開催する。「106スポール」をはじめ、ルノーカングー、MT搭載のフィアットパンダなどが展示される。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー308シエロ(FF/6AT)【ブリーフテスト】 2015.9.25 試乗記 ヨーロッパでは「フォルクスワーゲン・ゴルフ」の強力なライバルを演じる「プジョー308」に試乗。装備内容から機能性、実用性、走り、そして実用燃費までをチェックするwebCG恒例の「ブリーフテスト」を実施し、その実力を探った。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • 第429回:「ジャガーEペース」が華々しくデビュー
    ロンドンで開催されたワールドプレミアイベントに参加して
    2017.8.7 エディターから一言 英ジャガー・ランドローバーは去る7月、新型コンパクトSUV「ジャガーEペース」の発表イベントをロンドンで開催した。会場には大勢のセレブが駆けつけたほか、女性ボーカリストによるライブが催されるなど華々しいものとなった。その模様をリポートする。
  • 第52回:自動ブレーキが欲しい! 2017.8.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第52回は「自動ブレーキが欲しい!」。「ランチア・デルタ」の後継となる、“牛丼車”の購入計画が本格始動。毎日乗りたいからこそ重視するものとは? 5年後に還暦を迎える筆者のクルマ選びに、大きな変化が起きる! 
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る