プジョーのライトウェイト「106スポール」発売

1998.12.15 自動車ニュース
 
 
981215_022.gif

プジョーのライトウェイト「106スポール」発売(12/15)

豊橋のカーボックスヨシダでは「プジョー106スポール」の販売を開始した。高性能エンジンを軽い車体に搭載したスポーティ仕様で、価格は179.0万円だ。

「プジョー106スポール」は106S16と同じボディに、アルミブロックの1.4リッター75psエンジンを搭載したモデルである。車重は815kgと軽量に抑えられており、フランス本国などではモータースポーツのベース車両としても人気がある。かつて日本でも並行輸入でありながら一部のマニアから高い人気を集めた106ラリーの後継車といえるクルマだ。

カーボックスヨシダ(電話0532-88-5588)が扱う「プジョー106スポール」は、青、白、赤、黒、ブルーメタリック、レッドメタリック、シルバーメタリックと7色の外板色が用意されている。なお同店では1月15日から17日にかけて「1999ニューカーフェスタ」を開催する。「106スポール」をはじめ、ルノーカングー、MT搭載のフィアットパンダなどが展示される。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る