タミヤから「ランエボ」WRC発売

1998.12.15 自動車ニュース
 
 
981215_021.gif

タミヤから「ランエボ」WRC発売(12/15)

田宮模型から「三菱ランサーエボリューションV WRC」の24分の1スケールプラスチックモデルが発売された。今年の世界ラリー選手権優勝車である。1800円だ。

「三菱ランサーエボリューションV WRC」は第5戦カタルニアラリーでデビューしたあと、アルゼンチン、フィンランド、サンレモ、オーストラリアで優勝を重ねた高性能モデルだ。11月の最終戦RAC ラリーにおけるバーンズ/リード組の優勝によって、最終的に三菱にメイクス選手権をもたらした。

タミヤのスケールモデルはカタルニアラリー仕様で、フロントのブリスターフェンダー、リアのエクテンションなどによって実車の迫力を再現、加えて大型ウィング、開口部に貼ったナイロンメッシュ、独立したパーツによるエグゾーストパイプやプロペラシャフトなど、凝った作りになっている。ミシュランのターマックタイヤのトレッドを正確に再現しているのも売りのひとつだ。

 
 

関連キーワード:
ランサーエボリューション三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スー... 2017.11.20 試乗記