自信をもって勧めたいオペルアストラ

1998.12.22 自動車ニュース
 
 
981222_040.gif

自信をもって勧めたいオペルアストラ(12/22)

「オペルアストラ」の1999年モデルに試乗した。1.6リッターと2リッターのエンジンが追加されたのが大きな特徴だ。

プレミアムコンパクトという新たなセグメントとともに新型「オペルアストラ」が登場してはや1年。 日本でも1998年7月の入荷以来、好評をもって迎えられている。ただ、セダンとワゴンのボディは輸入当初から用意されたものの、エンジンは1.8リッターしかなく、選択肢が限られていたのも事実。だが今回発表された1999年型アストラには1.6リッターと2リッターがラインナップに加わり、価格も含めてユーザーの選択肢は大きく広がった。それだけではなく質的な向上も著しい。

1.6リッターの「LS」はベーシックモデルとして登場した。価格も216.0万円とリーズナブルである。だが「LS」はいわゆる廉価モデルではない。装備こそ革巻ステアリングホイールでなかったり後席読書灯がなかったりの違いはあるが、別になくても困らないものばかりである。エンジンもけっして非力ではない。試乗会での印象ではきわめてよく回る印象が強く、高速道や峠道でもパワーに不満を感じなかった。むろん街中の使用では充分だから、一般的な使い方をする人には薦められる。

1.6リッターでこれだけの実力なら、2リッターの存在価値はあるのかしらんと疑問を抱きつつ乗り込んだ「スポーツ」だったが、こちらはこちらなりに素晴らしい出来を見せてくれた。エンジンには期待したほどの発進加速力こそなかったが、トップエンドまでパワーバンドが途切れることなく続き、力強さを感じさせてくれる。特に峠道では低中回転域からの太いトルクの恩恵で、アストラの洗練されたコーナリングがいっそう楽しいものとなっているのだ。「走り」を売り物にした国産車でときどき見られるピーキーなものではなく、大人のハイスピードコーナリングにふさわしい特性だ。

サスペンションの熟成ぶりも印象に残った。1.8CDは重いバネ下と硬すぎるセッティングで不快感さえ感じたものだが、「2.0スポーツ」のスポーツサスペンションはより固められているにもかかわらず、硬すぎず柔らかすぎず、きわめてしなやかなのだ。アンダーステアもほとんどなく、まさに狙ったラインが自由自在にトレースできる喜びはなかなかのものだ。峠道での不安といえば、ブレーキまわりの剛性感が今一歩で、ややスポンジーに感じることくらい。これも実用域では問題になるほどではない。

同じコースを1.6リッターを積んだ「ワゴンLS」でも走ってみたが、サスペンションの好ましい性格は「スポーツ」以外のモデルにも生かされているようで、1999年型「アストラ」シリーズの快適さとロードホールディングの良さは確実に1998年型より進歩しているようだ。気軽に実用の足にできる「1.6LS」、大人のスポーティ走行を楽しめる「2.0スポーツ」、その両方を兼ね備える「1.8CD」と、2年目を迎えたオペルアストラはどのモデルをとってもオススメのクルマに成長した。(Web CG 尾沢)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る