ヨンク臭のなくなった「CR-V」追加車種発売

1998.12.22 自動車ニュース
 
 
981222_038.gif

ヨンク臭のなくなった「CR-V」追加車種発売(12/22)

本田技研工業は「CR-V」のマイナーチェンジを行い、12月18日より発売した。なかでも注目に値するのは、スペアタイヤを床下収納にしたうえ、前輪駆動仕様も用意された「フルマーク」の設定だ。

「ホンダCR-V」のマイナーチェンジは、エンジン、安全装備、内外装など多岐にわたる。2リッター4気筒DOHCエンジンは、4AT車で20ps、5MT車で5ps出力が向上した。加えてAT車にはODスイッチ付き新コラムシフトレバーが採用された。

安全面では、64km/hオフセット正面衝突や50km/h側面衝突に対応する全方位衝突安全設計ボディの採用をはじめ、前席シートベルトへのプリテンショナー機構の標準装備が新しい点だ。さらに、ホンダ初の4WD用VSA(ビークルスタビリティアシスト=車両挙動安定化制御システム)がオプション設定されている。

外装では、前後バンパーとフロントグリルの意匠が新しくなった。また、前後バンパーをはじめ、サイドプロテクター、サイドシルガーニッシュ、ドアミラー、アウタードアハンドルケース、スペアホイールカバーをボディ同色とした「Dパッケージ」が「パフォーマ」に設定された。

内装面では、新シート表皮とパンチングタイプの革巻ステアリングホイールが採用された。さらにAT車に助手席回転シートがオプション設定された。また、CDプレーヤー、TVチューナー、カセットプレーヤー、ラジオが一体化した6インチモニター付ホンダナビゲーションシステムもオプション設定された。

新タイプ「フルマーク」が設定されたのも今回のマイナーチェンジにおける特徴だ。「都会的な外観デザインと高級感のあるインテリア」(ホンダ)をセリングポイントとしたモデルで、特徴としては前輪駆動仕様の設定、トランクフロアにスペアタイヤを収納、フルカラードボディ、バンパーにビルトインされたフォグランプとクロームメッキグリル、木目調センターパネルと助手席アームレストの標準装備といった点があげられる。

「ホンダCR-V」の価格は「パフォーマ」が198万円(5MT/東京/以下同)と207.5万円(4AT)、「フルマーク」前輪駆動が203.0万円、4WDが221.0万円(どちらも4AT)となっている。

4WDもそろそろ......と見切ったのか、ホンダのマーケティング戦略が生んだのが、今回の「フルマーク」前輪駆動仕様だ。たしかに米国などをみているとカタチはヨンクだけれどじつは2駆というモデルの多いこと。燃費も悪いし、うるさいし、オンロードしか走らない、というのではたしかに4WDに乗っている意味はないわけだ。それにしてもテールゲートに背負ったタイヤをはずして、バンパーをボディ同色に塗っただけでずいぶんイメージが変わるものである。まるで最初から予定されていたような......。(Web CG オガワ)

 
 
関連記事
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)【試乗記】 2012.3.5 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)
    ……352万円

    燃費、快適性、機能性、そして走破性の改善と、全方位の進化がうたわれる新型「CR-V」。その日常性能を試すために、上級の「24G」グレードで箱根を目指した。
  • ホンダCR-V ZXi(4WD/5AT)【ブリーフテスト】 2007.3.2 試乗記 ……366万9750円
    総合評価……★★★

    ライトクロカンのはしりといわれる「ホンダCR-V」の現行3代目に試乗。サイズが拡大され、都会的なスタイリングになったというが、乗り心地、ハンドリングはどう変わったのか。
  • ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)【試乗記】 2011.12.15 試乗記 ホンダCR-V 24G(4WD/5AT)/20G(FF/CVT)
    ……310万円/325万円

    フルモデルチェンジを受け、4代目に生まれ変わった「CR-V」。2.4リッターモデルに加え、日本仕様のみに2リッターモデルが追加された。新型はどんな進化を遂げたのか。
  • 走りに磨きをかけた新「スバルWRX STI」が登場 2017.5.24 自動車ニュース スバルは2017年5月24日、スポーツセダン「WRX STI」に大幅改良を施し、同年6月20日に発売すると発表した。価格はWRX STI(4WD/6MT)が386万6400円で、より装備が充実したWRX STI タイプS(4WD/6MT)が406万0800円。
  • 「ルノー カングージャンボリー2017」の会場から 2017.5.23 画像・写真 「カングー」のファンを中心としたルノー・ジャポン最大の公式イベント「ルノー カングージャンボリー」が、今年も山中湖で開催された。参加台数、参加人数ともに過去最高を記録したイベントの様子を、写真でリポートする。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
ホームへ戻る