ヨンク臭のなくなった「CR-V」追加車種発売

1998.12.22 自動車ニュース
 
 
981222_038.gif

ヨンク臭のなくなった「CR-V」追加車種発売(12/22)

本田技研工業は「CR-V」のマイナーチェンジを行い、12月18日より発売した。なかでも注目に値するのは、スペアタイヤを床下収納にしたうえ、前輪駆動仕様も用意された「フルマーク」の設定だ。

「ホンダCR-V」のマイナーチェンジは、エンジン、安全装備、内外装など多岐にわたる。2リッター4気筒DOHCエンジンは、4AT車で20ps、5MT車で5ps出力が向上した。加えてAT車にはODスイッチ付き新コラムシフトレバーが採用された。

安全面では、64km/hオフセット正面衝突や50km/h側面衝突に対応する全方位衝突安全設計ボディの採用をはじめ、前席シートベルトへのプリテンショナー機構の標準装備が新しい点だ。さらに、ホンダ初の4WD用VSA(ビークルスタビリティアシスト=車両挙動安定化制御システム)がオプション設定されている。

外装では、前後バンパーとフロントグリルの意匠が新しくなった。また、前後バンパーをはじめ、サイドプロテクター、サイドシルガーニッシュ、ドアミラー、アウタードアハンドルケース、スペアホイールカバーをボディ同色とした「Dパッケージ」が「パフォーマ」に設定された。

内装面では、新シート表皮とパンチングタイプの革巻ステアリングホイールが採用された。さらにAT車に助手席回転シートがオプション設定された。また、CDプレーヤー、TVチューナー、カセットプレーヤー、ラジオが一体化した6インチモニター付ホンダナビゲーションシステムもオプション設定された。

新タイプ「フルマーク」が設定されたのも今回のマイナーチェンジにおける特徴だ。「都会的な外観デザインと高級感のあるインテリア」(ホンダ)をセリングポイントとしたモデルで、特徴としては前輪駆動仕様の設定、トランクフロアにスペアタイヤを収納、フルカラードボディ、バンパーにビルトインされたフォグランプとクロームメッキグリル、木目調センターパネルと助手席アームレストの標準装備といった点があげられる。

「ホンダCR-V」の価格は「パフォーマ」が198万円(5MT/東京/以下同)と207.5万円(4AT)、「フルマーク」前輪駆動が203.0万円、4WDが221.0万円(どちらも4AT)となっている。

4WDもそろそろ......と見切ったのか、ホンダのマーケティング戦略が生んだのが、今回の「フルマーク」前輪駆動仕様だ。たしかに米国などをみているとカタチはヨンクだけれどじつは2駆というモデルの多いこと。燃費も悪いし、うるさいし、オンロードしか走らない、というのではたしかに4WDに乗っている意味はないわけだ。それにしてもテールゲートに背負ったタイヤをはずして、バンパーをボディ同色に塗っただけでずいぶんイメージが変わるものである。まるで最初から予定されていたような......。(Web CG オガワ)

 
 

関連キーワード:
CR-Vホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 【フランクフルトショー2017】ホンダがハイブリッドの「CR-V」を欧州で初公開 2017.9.6 自動車ニュース 本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年9月5日(現地時間)、第67回フランクフルト国際モーターショー(会期:2017年9月12日~24日)に出展する「CR-Vハイブリッド プロトタイプ」の概要を発表した。
  • マツダCX-3 20Sプロアクティブ(6AT/FF)【試乗記】 2017.8.30 試乗記 これまでディーゼル専用だった「マツダCX-3」にガソリンエンジン搭載車が登場した。それに加えて、「WLTC」燃費モードの認可をいち早く取得するなど、最近のマツダは話題に事欠かない。「20Sプロアクティブ」グレードに試乗した。
  • 新型「アルファ・ロメオ・ジュリア」が日本上陸 2017.9.6 自動車ニュース FCAジャパンは2017年9月6日、高性能スポーツサルーン「アルファ・ロメオ・ジュリア」を発表した。同年10月14日に、全4モデルのラインナップで販売を開始する。価格は446万円から1132万円まで。
  • 第57回:激安エリート特急の大勝利(たぶん) 2017.9.5 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第57回は「激安エリート特急の大勝利(たぶん)」。海千山千の中古ドイツ車専門店で「BMW 320d」の購入を決めた筆者。不安を抱えつつ、ようやく迎えた納車日だったが……。気になるクルマの状態は?
  • BMW 540i xDriveツーリング Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.9.6 試乗記 2017年春に世界初公開された新型「BMW 5シリーズ ツーリング」のデリバリーが国内でスタート。その走りや使い勝手はどれほどのものか、最上級モデル「540i xDriveツーリング Mスポーツ」で確かめた。
ホームへ戻る