三菱、トールボーイのミニバン発売

1998.12.24 自動車ニュース
 
 
981224_044.gif

三菱、トールボーイのミニバン発売(12/24)

三菱自動車は全高1.6メートル超のミニバン「ミラージュディンゴ」を12月22日に発表した。発売は1999年1月4日よりとなる。

「三菱ディンゴ」はさきごろ三菱が提言した新しい車種シリーズ「SUW(賢く便利なワゴン)」コンセプトにのっとって開発された第1弾となる。2440mmと比較的コンパクトなホイールベースをもつシャシーのフロントに新開発の1.5リッター4気筒DOHC(GDI)エンジンを搭載し、駆動方式は前輪駆動のみとなる。最大の特徴は3.9mとコンパクトな全長に対して1.6m超の全高をもつボディにあり、乗降の容易さやシートの多用途性などSUVの多目的性を、従来のハッチバックに付与した内容となっている。

室内で注目に値するのは三菱が「Hウォーク」と名づけたシートの配置で、前後席間のウォークスルーが可能になっていることに加えて、フラットな床面により左右の移動も楽に行なえる。初代RVRから室内空間の応接間化を熱心に推し進めてきた三菱では、この「ディンゴ」でも後席を150mm前後にスライドすることが可能となっている。パワーユニットは1468ccの排気量をもつ4気筒DOHC4バルブGDIで、ガソリン筒内直接噴射方式をとるエンジンとしては「世界最小」と三菱では謳う。最高出力は105ps/6000rpm、最大トルクは14.3kgm/3500rpmとなっている。組み合わせられるトランスミッションは学習機能つき「INVECS-II」4段オートマチックだ。ちなみにシフトレバーはコラムにすえつけられ、順手で操作できるようにしているのもメーカーでは特長のひとつにあげている。

それにしても大胆なスタイリングである。とくにフロントマスクの造形は、米国の自動車ショーのコンセプトモデルがそのまま路上に走りだしたのか、というぐらいのものがある。もっとも三菱は以前からデザイナーのスケッチにあまり手を入れないで製品化しているようなところがあるので、ディンゴもその延長線上にあるという意味では三菱らしい製品だ。すくなくとも、売れているクルマなら他社の製品にでも臆面もなく似せる、というマーケティング優先のクルマづくりから離れているという意味では評価したい。あとはインテリア、ですね。(Web CGオガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る