ハイトなワゴン第二弾「ティーノ」登場

1998.12.24 自動車ニュース
981224_046.gif

ハイトなワゴン第二弾「ティーノ」登場(12/24)

日産自動車は12月22日、ニューモデル「ティーノ」を発売した。サニーのシャシーを共用した6人乗りのミニバンである。

新発売された「日産ティーノ」は、新型サニーのプラットフォームを共用して開発された、日産いうところの「オールマイティなハイトワゴン」。全長4270mm、全幅1760mm、全高1610mmのボディに2535mmのホイールベースを与え、2列6人掛けのシートを室内に配している。その後席は前後に200mmスライドさせることができ、また一人分ずつ脱着したり、折り畳むことができるなど、多彩なシートアレンジを可能としている。

搭載されるエンジンは2リッターと1.8リッターの2種類。どちらも直4DOHCで、2リッターの「SR20DE」型は135psの最高出力と18.2kgmの最大トルクを発生するLEV仕様だ。1.8リッターの「QG18DE」型はリーンバーン仕様で、120psと16.4kgmを得ている。2リッターには「ハイパーCVT」が、1.8リッターには4段ATが組み合わされている。駆動方式はすべて前輪駆動のみの設定だ。

安全装備としては、デュアルエアバッグ、ABS、EBD(ブレーキ制動力電子配分システム)、ブレーキアシスト、アクティブヘッドレストなどのほか、衝突時に歩行者の下半身に与える障害を低減するフレンドリーバンパーを全車に標準装備している。前席サイドエアバッグはオプションとなっている。価格は169.7 万円から218.6万円。なお車椅子を利用する人のために、助手席を回転昇降シートとした特装車「ティーノ・アンシャンテ」も設定されている。価格は1.8リッターモデルでベース車より50万円高の225.5万円となっている。


「ティーノ」はインテリアの造形がなかなか洒落ていてよかった。インターネットでも販売するそうです。それにしても「ティーノ」のCMはせっかくローワン・アトキンソン(ミスター・ビーン)を起用しているにもかかわらず、笑いが「サブくて」もったいないと思う。毒がなさすぎるのだ。セガの「自虐CM」の例を持ち出すまでもないけれど、いまの視聴者は目が肥えていますよ。(Web CG スヤマ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。