フェイスリフトをうけたアウディA4

1999.01.04 自動車ニュース
 
 
990104_001.gif

フェイスリフトをうけたアウディA4(1/4)

アウディは1999年モデルの「A4」にフェイスリフトを施した。バンパー形状などが変更されたことに加え、ボディ剛性が向上している。

「アウディA4」の1999年モデルは、バンパー形状が新しくなり、フロントスカート部分の両端にフォグランプが組み込まれたのが大きな変更点だ。さらにヘッドライトはウォッシャー付のエリプソイドタイプとなり、グリルは先にフェイスリフトを受けた「A8」に準じた立体的なものとなった。サイドプロテクトモールの幅が広くなり、アウタードアハンドル、ドアミラーそしてリアコンビネーションランプの形状も変わった。

内装における変更として、これまでよりソフトな座り心地のシートと、再設計されたセンターコンソールがあげられる。本国ではESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)とヘッドエアバッグがオプション設定され、安全性も向上している。サスペンションとボディ剛性が上がったのも特筆すべき点で、これによって乗り心地と静粛性が向上しているのだ。

今回の改良はこのように多岐にわたっているのだが、しかし外観は従来のイメージを強く残している。アウディはマーケットにおける「A4」の商品力が発売から5年を経ても依然として高いままにあると判断しているはずだ。となると売れている商品をあれこれいじりまわすのは得策でない。それが少々保守的なフェイスリフトにつながっているのだろう(テストレポートは1月下旬にお届けする予定です)。(木村 宏)

 
 

関連キーワード:
A4アウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディA6 55 TFSIクワトロ(4WD/7AT)/A6 50 TDIクワトロ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.18 試乗記 フルモデルチェンジを受けて5代目となった「アウディA6」にポルトガルで試乗。新パワーユニットと作りこんだ骨格を得たアウディの基幹モデルは、滑らかで上質な走りと圧倒的な静粛性を手に入れていた。“上級移行”の真相に迫る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • ランドローバー・レンジローバー イヴォークHSEダイナミック(4WD/9AT)【試乗記】 2018.5.2 試乗記 ランドローバーのスタイリッシュなSUV「レンジローバー イヴォーク」の2018年モデルに試乗。細部のブラッシュアップもさることながら、最新型のハイライトは、なんといってもパワーユニットが刷新されたこと。大きな期待を胸に乗り込んでみると……
  • 第89回:ボディーに突き刺さったリアピラー 2018.5.8 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第89回は「ボディーに突き刺さったリアピラー」。「日産GT-R」デザイン考。筆者イチオシの“リアピラーの折れ曲がり”、その意図とは!? 中村史郎氏のコメントを交え、開発当時の思いに迫る。
ホームへ戻る