フェイスリフトをうけたアウディA4

1999.01.04 自動車ニュース
 
 
990104_001.gif

フェイスリフトをうけたアウディA4(1/4)

アウディは1999年モデルの「A4」にフェイスリフトを施した。バンパー形状などが変更されたことに加え、ボディ剛性が向上している。

「アウディA4」の1999年モデルは、バンパー形状が新しくなり、フロントスカート部分の両端にフォグランプが組み込まれたのが大きな変更点だ。さらにヘッドライトはウォッシャー付のエリプソイドタイプとなり、グリルは先にフェイスリフトを受けた「A8」に準じた立体的なものとなった。サイドプロテクトモールの幅が広くなり、アウタードアハンドル、ドアミラーそしてリアコンビネーションランプの形状も変わった。

内装における変更として、これまでよりソフトな座り心地のシートと、再設計されたセンターコンソールがあげられる。本国ではESP(エレクトロニックスタビリティプログラム)とヘッドエアバッグがオプション設定され、安全性も向上している。サスペンションとボディ剛性が上がったのも特筆すべき点で、これによって乗り心地と静粛性が向上しているのだ。

今回の改良はこのように多岐にわたっているのだが、しかし外観は従来のイメージを強く残している。アウディはマーケットにおける「A4」の商品力が発売から5年を経ても依然として高いままにあると判断しているはずだ。となると売れている商品をあれこれいじりまわすのは得策でない。それが少々保守的なフェイスリフトにつながっているのだろう(テストレポートは1月下旬にお届けする予定です)。(木村 宏)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダE&T、「ボンゴフレンディ」似の「CX-5」キャンパーを展示 2017.2.3 自動車ニュース マツダのエンジニアリング子会社であるマツダE&Tは、幕張メッセで2017年2月5日まで開催されているジャパンキャンピングカーショー2017で、車両の屋根上に宿泊スペースを持つ「CX-5ポップ・アップ・ルーフ・コンセプト」を展示している。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
ホームへ戻る