新型V12を積むメルセデスベンツCL

1999.01.05 自動車ニュース
 
 
990105_002.gif

新型V12を積むメルセデスベンツCL(1/5)

ダイムラークライスラーは「CL」をフルモデルチェンジして発売した。ヨーロッパでの発売は1999年10月からだ。

新しくなった「CL」は、弟分ともいえるCLKと同じ4つ目のヘッドライトを持つのが外観上の特徴だ。スリークなボディは空力抵抗値0.28と、このクラストップの数値である。車両重量は先代「CL」に比べておよそ300kgも軽量化されており、アルミニウムおよびマグネシウムによる高張力鋼板とプラスティックなどの軽量素材の採用が効果的だったことを物語っている。

ボディは旧モデルに比べて長さで76ミリ、幅で55ミリ小さくなったにもかかわらず、フロント及びリアの居住空間にはそれぞれ11ミリの余裕が生れ、快適性は向上している。プラットフォームはSクラスと共通だが、新型「CL」のサスペンションには油圧式制御システム「アクティブボディコントロール」が新たに採用されている。エアではなくコンベンショナルな金属バネを使っているのもSクラスとは違う点だ。

新設計の6リッターV12エンジンも注目に値する。最高出力367ps、最大トルク54.6kgmを発生するこのエンジンは、気筒あたり3つの吸排気バルブとデュアルイグニッションのヘッドが採用された新世代のV型エンジンファミリーに属するものだ。V12搭載モデルをラインナップの頂点に据え、その下に306psを発する5リッターV8エンジンを搭載した「CL500」が用意される。(木村 宏)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
ホームへ戻る