かたや質感、かたやスポーティ、2つの「デミオ」

1999.01.07 自動車ニュース
 
 
990107_008.gif

かたや質感、かたやスポーティ、2つの「デミオ」(1/7)

マツダは「デミオ」に特別限定車「LXリミテッド」と「GLリミテッド」の2機種を設定、12月21日より発売した。前者は内外装の質感を高めたモデル、後者はスポーティ感を強調したモデル、とされている。

「マツダデミオLXリミテッド」は1.3リッターのLXのGパッケージ装着車をベースにしたものだ。専用外板色の設定をはじめ、質感を重視したファブリックをシート地に採用、さらにフロントドアガラスとドアミラーにはっ水ガラスを用いているのを特徴とする。3ATのみで価格は124.8万円だ。

「マツダデミオGLリミテッド」は1.5リッターエンジン搭載のGLをベースにしている。14インチタイヤとバフ仕上げのアルミホイール、ルーフスポイラー、ダークティンテッドガラスといった専用装備をもつ。「ピュアホワイト」という専用の外板色も用意された。トランスミッションは5段マニュアルか電子制御4段オートマチックで、価格は前者が139.8万円、後者が148.6万円となっている。

 
 

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • ハスクバーナ・ヴィットピレン701(MR/6MT)【レビュー】 2018.4.12 試乗記 北欧のバイクブランド、ハスクバーナから待望のロードモデル「ヴィットピレン701」が登場。700ccクラスのビッグシングルエンジンと、250ccクラスに比肩する軽さが織り成す走りとは? “白い矢”という名を冠したニューモデルの実力をリポートする。
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
ホームへ戻る