トヨタ、「キャバリエ」を値下げ

1999.01.07 自動車ニュース
990107_006.gif

トヨタ、「キャバリエ」を値下げ(1/7)

トヨタ自動車は「キャバリエ」の1999年モデルを12月22日より発売した。平均約14パーセントの値下げを行ったのが最大の特徴だ。

「トヨタキャバリエ」は米国ジェネラルモーターズ製の乗用車で、日本ではトヨタが販売を行っている。セダンとクーペの2車型があり、いずれも2.4リッター直列4気筒DOHCエンジン(150ps)を搭載している。1999年モデルの特徴としては、バンパー下グリルをボディ同色としたことをはじめ、切り替え式の液晶オドメーター/トリップカウンターを採用しているなどの点にある。価格は「キャバリエセダン2.4」が156.0万円、「クーペ2.4S」が153.0万円で、平均約14パーセント値下げされている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。