高級感が盛り込まれた「ラウム」特別仕様発売

1999.01.07 自動車ニュース
 
 
990107_004.gif

高級感が盛り込まれた「ラウム」特別仕様発売(1/7)

トヨタ自動車は「ラウム」に特別仕様車「リミテッドバージョン」を設定、12月22日より発売した。外観上はメッキパーツ、内装では木目調パネルの仕様で高級感を強調しているのが特徴だ。価格は前輪駆動が165.0万円、4WDが185.0万円となる。

「トヨタラウムリミテッドバージョン」は専用外板色「ダークターコイズマイカ」をはじめ、メッキパーツが多用されているのが特長だ。加えてフロントグリル、ドアミラー、テールゲートガーニッシュにメッキ処理がほどこされ、メッキ調のウィンドシールドモールドやテープストライプ、ボディ同色のアウトサイドドアハンドル、カラードサイドプロテクションモール、専用リアクオーターエンブレムを装備している。

内装面で見るべきはシート表皮にエクセーヌを用いたことをはじめ、センタークラスター、ヒーターコントロールパネル、パワーウィンドウスイッチベースに木目調パネルを使用している点だろう。さらに運転席アームレスト、4本スポークの合皮巻ステアリングホイール、植毛タイプのピラーガーニッシュが特別装備されている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラウムの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・プリウスPHV Aプレミアム(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.7 試乗記 家庭で充電できる「トヨタ・プリウス」たる、プラグインハイブリッドカー「プリウスPHV」の新型に試乗。「現在最も省エネルギーにつながるクルマ」とアピールされる、最新エコカーの実像に迫った。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る