高級感が盛り込まれた「ラウム」特別仕様発売

1999.01.07 自動車ニュース
 
 
990107_004.gif

高級感が盛り込まれた「ラウム」特別仕様発売(1/7)

トヨタ自動車は「ラウム」に特別仕様車「リミテッドバージョン」を設定、12月22日より発売した。外観上はメッキパーツ、内装では木目調パネルの仕様で高級感を強調しているのが特徴だ。価格は前輪駆動が165.0万円、4WDが185.0万円となる。

「トヨタラウムリミテッドバージョン」は専用外板色「ダークターコイズマイカ」をはじめ、メッキパーツが多用されているのが特長だ。加えてフロントグリル、ドアミラー、テールゲートガーニッシュにメッキ処理がほどこされ、メッキ調のウィンドシールドモールドやテープストライプ、ボディ同色のアウトサイドドアハンドル、カラードサイドプロテクションモール、専用リアクオーターエンブレムを装備している。

内装面で見るべきはシート表皮にエクセーヌを用いたことをはじめ、センタークラスター、ヒーターコントロールパネル、パワーウィンドウスイッチベースに木目調パネルを使用している点だろう。さらに運転席アームレスト、4本スポークの合皮巻ステアリングホイール、植毛タイプのピラーガーニッシュが特別装備されている。

 
 

関連キーワード:
ラウムトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • ダイハツ、販売会社向けに「トール」の特別仕様ベース車両を設定 2018.5.10 自動車ニュース ダイハツが、コンパクトカー「トール」に販売店ごとの特別仕様車の設定を可能とする「販売会社特別仕様ベース車両」を設定。同時に「トールカスタム」に新しいディーラーオプション「エアロスタイリッシュパック」を追加設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る