アウディ、「A3」の快適装備を向上

1999.01.08 自動車ニュース
 
 
990108_011.gif

アウディ、「A3」の快適装備を向上(1/8)

アウディジャパンは「A3」の装備を向上させ、1月6日より発売した。シートベルトフォースリミッター装備をはじめ、安全面および快適面での装備が充実した。

「アウディA3 1.8」および「同1.8T」における共通変更部分は以下のとおりとなる。前席左右のシートベルトにフォースリミッターを装備。テールゲートのオープナー機構を備えたリモコン式おりたたみ式キー採用。前席左右に照明付メイクアップミラー装備。キーシリンダーを運転席がわのみとしたアウトサイドドアハンドルの採用。

「アウディA3 1.8」のみの変更は、本革巻ステアリングホイールおよび本革巻セレクターノブの採用である。価格は「A3 1.8」が285.5万円、「A3 1.8T」が310.5万円で、従来から据え置きだ。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.6.22 試乗記 アウディがラインナップする“大人の4座クーペ”こと「A5クーペ」が、2代目にフルモデルチェンジ。次世代プラットフォーム「MLBエボ」が採用された新型の出来栄えを、静的質感と動的質感の両面から確かめた。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る