質感の向上がはかられた1999年型「ジープ」発売

1999.01.11 自動車ニュース
 
 
990111_018.gif

質感の向上がはかられた1999年型「ジープ」発売(1/11)

クライスラージャパンセールスは「ジープチェロキー」および「ジープラングラー」の1999年モデルを1月9日より発売した。内外装のカラースキームが変更されたのが主な点で、装備変更によって質感が向上していると輸入元ではしている。

「ジープチェロキースポーツ」における変更点はフロントグリル、前後バンパー、フェンダーをボディ同色としたことだ。価格は289.5万円(従来型と比べて3万円アップ)となった。上級グレードの「ジープチェロキーリミテッド」においては前席左右にシートヒーターが標準装備された。価格は338.5万円(同14万円アップ)だ。さらに両モデルに共通する変更は、外板色のバリエーションが増やされたことと、従来5万円だったメタリックペイントをオプション設定ではなく選べるようになったことだ。

「ジープラングラー」シリーズでは「スポーツ」および「サハラ」ともに内外装色の一部変更が行われた。「サハラ」では従来のソフトトップ仕様が廃止されたのが1999年ラインナップの特徴だ。価格は「スポーツソフトトップ5MT」が249.9万円(従来型と比べて5万円アップ)、同「3AT」が255.0万円(同5.1万円)、そして「サハラハードトップ3AT」が299.0万円(同10万円)となっている。

 
 

関連キーワード:
チェロキーラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)/ジュリア スー... 2017.11.20 試乗記