豪華さがうりものの「レンジローバー」特別仕様

1999.01.12 自動車ニュース
 
 
990112_023.gif

豪華さがうりものの「レンジローバー」特別仕様(1/12)

ローバージャパンは「レンジローバー4.0SE」の特別仕様車「ディスティニー」を1月30日より発売する。ボディ同色バンパーやウッドパネルなどで豪華さが強調されたモデルだ。価格は645.0万円。

「レンジローバー」に追加設定された特別仕様車「ディスティニー」の特徴は、豪華な雰囲気を演出するための専用装備が与えられているところにある。外観上は、専用外板色「ウプソングリーン」が設定されたことをはじめ、外板色とカラーキーされた前後バンパーおよびフロントグリル、さらに専用バッジを備えている。

内装面では、ウッドステアリングホイール、ウッドパネル、カップホルダー、グリーンのシープスキンフロアマットなどの専用装備をもつ。エンジンは3947ccのV型8気筒OHV(190ps)で、これに4段オートマチックギアボックスとフルタイム4WDシステムが組み合わせられている。ボディサイズは全長x全幅x全高=4715x1890x1810mmとなっている。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る