豪華さがうりものの「レンジローバー」特別仕様

1999.01.12 自動車ニュース
 
 
990112_023.gif

豪華さがうりものの「レンジローバー」特別仕様(1/12)

ローバージャパンは「レンジローバー4.0SE」の特別仕様車「ディスティニー」を1月30日より発売する。ボディ同色バンパーやウッドパネルなどで豪華さが強調されたモデルだ。価格は645.0万円。

「レンジローバー」に追加設定された特別仕様車「ディスティニー」の特徴は、豪華な雰囲気を演出するための専用装備が与えられているところにある。外観上は、専用外板色「ウプソングリーン」が設定されたことをはじめ、外板色とカラーキーされた前後バンパーおよびフロントグリル、さらに専用バッジを備えている。

内装面では、ウッドステアリングホイール、ウッドパネル、カップホルダー、グリーンのシープスキンフロアマットなどの専用装備をもつ。エンジンは3947ccのV型8気筒OHV(190ps)で、これに4段オートマチックギアボックスとフルタイム4WDシステムが組み合わせられている。ボディサイズは全長x全幅x全高=4715x1890x1810mmとなっている。

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーHSE(ディーゼル)/ディスカバリーHSE(ガソリン)【試乗記】 2017.6.26 試乗記 英国の大型SUV「ランドローバー・ディスカバリー」が5代目にフルモデルチェンジ。これまでの四角張ったスタイリングを捨て、スラントノーズのスポーティーなイメージに一新された新型の出来栄えをリポートする。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【レビュー】 2017.6.26 試乗記 「アウディQ2」に1リッターターボ仕様が登場。手ごろな価格とクラストップレベルの燃費がウリのエントリーモデルの出来栄えは? 17インチタイヤを装着し、運転支援機能や安全装備を充実させた「1.0 TFSIスポーツ」に試乗した。
ホームへ戻る