ヤナセ、「サーブ9-5グリフィン3.0t」新発売

1999.01.20 自動車ニュース
 
 
990120_042.gif

ヤナセ、「サーブ9-5グリフィン3.0t」新発売(1/20)

サーブ車の輸入販売元であるヤナセは、「サーブ9-5」シリーズの最上級モデルである「9-5グリフィン3.0t」を2月6日より発売する。

「サーブ9-5グリフィン3.0t」はシリーズ中最大の排気量をもつ3リッターV6DOHCエンジンを搭載した前輪駆動4ドアセダンで、快適装備も豊富に用意されている。最高出力は200psである。価格は580.0万円だ。

最大の特徴はV6エンジンで、「世界初」とメーカーが謳う「非対称ターボチャージャー」を備えている。3気筒からなる片バンクにのみ低圧ターボチャージャーが装着されているのだ。圧縮された空気は6つのシリンダーに送られる。このシステムのメリットとしてサーブでは、重量、コスト、そして熱損失の低減、加えてエンジンルームのスペース効率の向上をあげている。組み合わせられるトランスミッションは電子制御4段オートマチックだ。

「サーブ9-5グリフィン3.0t」は装備も豊富で、本革張りシート、ウッドと本革のコンビネーションによるステアリングホイール、9つのスピーカーを備える200ワットの大出力オーディオ、専用デザインのアルミホイールなどを標準でもつ。さらに、前席にはベンチレーテッド機構が備わる。シート内部に埋め込まれた2つの電動ファンにより背中とふとももあたりの湿った空気を逃すのがセリングポイントである。

私見だが、西洋のひとは背中に汗をかくことをことのほか嫌うようだ。ヨーロッパでよく見かけるシートにかぶせる数珠のようなカバー(ドイツに多し)とか、シートをフレームだけにしてしまい、そこにビニールのヒモをかけてビーチチェアのようなぐあいにする(イタリアはボローニヤで多数目撃)など、こういう「努力」は枚挙にいとまがない。しかしこのベンチレーテッド機構、日本でも次はトヨタがクラウンにとりいれるのか、それとも日産が先か?(Web CG オガワ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)【試乗記】 2003.4.29 試乗記 サーブ9-3スポーツセダン エアロ2.0T(5AT)
    ……470.0万円

    2003年1月から日本で販売が開始された、サーブの新しいスポーティセダン「9-3」。エアロパーツや17インチタイヤを装着し、210psのハイパワーユニットを搭載するトップグレード「エアロ2.0T」に、webCG記者が試乗した。


  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • BMW M2クーペ(FR/6MT)【試乗記】 2017.8.14 試乗記 BMWのMモデルならではのスポーツマインドが、最もコンパクトかつピュアな形で表現された「M2クーペ」。遅れて加わった6段MT仕様は、自らの意思で操る、スポーツカーの根源的な楽しさに満ちていた。
ホームへ戻る