【スペック】全長×全幅×全高=4624×1811×1429mm/ホイールベース=2810mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/3リッター直6DOHC24バルブターボ(306ps/5800-6000rpm、40.8kgm/1200-5000rpm)+モーター(55ps、21.4kgm)(欧州仕様車)

BMWアクティブハイブリッド3(FR/8AT)【海外試乗記】

これはバーゲンだ!? 2012.07.31 試乗記 BMWアクティブハイブリッド3(FR/8AT)

2012年9月に日本でのデリバリーが開始される「BMWアクティブハイブリッド3」。「5シリーズ」に続く、6気筒エンジン搭載のハイブリッドセダンの走りとは? ひと足先にドイツで試乗した。

一歩進んだ作り込み

BMWにとってビジネスの中核ともいえる「3シリーズ」は、ここ日本でも「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に次ぐメジャーな輸入車として大きなシェアを握っている。今年登場したF30型も商品性は盤石。セールスも好調というから、その座も当面は安泰だろう。

とはいえ、BMWとしても日本市場で攻勢の手を緩めるつもりはないようで、今年、3シリーズには興味深いパワートレインが追加されることになっている。ひとつはガソリンユニット版「320i」と同出力を誇るディーゼルユニットを搭載した「320d」。もうひとつがこのガソリンハイブリッドモデル「アクティブハイブリッド3」というわけだ。それでなくとも目を見張る効率を誇る従来モデルと併せて、環境性能を固めることで追いすがるライバルをさらに引き離そうということだろう。

そのアクティブハイブリッド3、パワートレインの基本構成は先に登場した「アクティブハイブリッド5」のそれを踏襲している。306psを発生する直6ターボユニットとZF製8段ATの間に55psのモーターを挟み込み、前後2つのクラッチで制御する1モーター2クラッチ式を採ったシステムの合計出力は340ps。搭載されるリチウムイオンバッテリーの容量も変わらない。

とはいえ、アクティブハイブリッド5と比すれば、そのスペックや使い勝手は確実に向上している。EV状態での走行可能距離は最大4kmと同等ながら、最高速は60km/hに対して、アクティブハイブリッド3は75km/hまでカバーできるようになった。

また、3シリーズそのものが当初からラゲッジフロアへのバッテリー搭載を想定した構造になっていたこともあり、トランク容量は90リッター減の390リッターを確保。車格がひとまわり違うアクティブハイブリッド5に対しては、15リッター広いだけでなく、40:20:40分割の後席可倒によるトランクスルー機能も生かされているなど、その作り込みには優位点が随所にうかがえる。

トランクリッドとCピラー横には「ActiveHybrid3」のバッジが配される。
トランクリッドとCピラー横には「ActiveHybrid3」のバッジが配される。
荷室フロアの下に収納されるリチウムイオンバッテリー。
荷室フロアの下に収納されるリチウムイオンバッテリー。
荷室下にバッテリーを搭載しながらも、荷室容量は通常時で390リッターを確保。写真の40:20:40分割可倒式リアシートはオプション。(写真をクリックするとリアシートの倒れるさまが見られます)
荷室下にバッテリーを搭載しながらも、荷室容量は通常時で390リッターを確保。写真の40:20:40分割可倒式リアシートはオプション。(写真をクリックするとリアシートの倒れるさまが見られます)
 
BMWアクティブハイブリッド3(FR/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクティブハイブリッド3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 740i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.1.25 試乗記 クルマを外から操作できる自動パーキングシステムや、手の動きだけで各種機能を操作できるインターフェイスなどの先進装備が話題となっている新型「BMW 7シリーズ」。しかし実際に試乗してみると、そうしたハイテクよりも注目に値するポイントが見えてきた。
  • 610psの「BMW M760Li xDrive」予約受注開始 2016.10.13 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月13日、BMWのフラッグシップセダン「7シリーズ」に新たな最上級モデル「M760Li xDrive」を追加し、同年10月から予約を受け付けると発表した。デリバリーの開始時期は2017年になる見込み。
  • ポルシェ、日本仕様の新型「パナメーラ」を初公開 2017.2.28 自動車ニュース ポルシェが新型「パナメーラ」の日本仕様を初公開した。新型パナメーラはポルシェの新しいプラットフォーム「MSB」を採用した第1弾のモデルにあたり、V6、V8のツインターボモデルに加え、プラグインハイブリッド車もラインナップされる。
  • BMW 740i(FR/8AT)【レビュー】 2015.11.25 試乗記 新機軸を満載して攻めの姿勢を見せる新型「BMW 7シリーズ」。果たして「駆けぬける歓び」は守れたのだろうか。7シリーズのラインナップで最もベーシックな位置付けの「740i」に試乗した。
  • 第7回:各ブランドのフラッグシップが集結!
    輸入車チョイ乗りリポート~1000万円から2000万円編~
    2017.3.15 特集 JAIA輸入車試乗会の会場より、webCG編集部員が気になったクルマをリポート。今回は1000万円台の高級輸入車の中から、「BMW 7シリーズ」のPHVモデル、「テスラ・モデルX」「ジャガーXJR」「アウディRS 7」の走りをお届けする。
ホームへ戻る