ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティ仕様

1999.01.26 自動車ニュース
 
 
990126_059.gif

ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティ仕様(1/26)

本田技研工業は「アコードワゴン」にスポーティタイプの「SiR」を設定、1月21日より発売した。新開発2.3リッターエンジン搭載モデルである。

「ホンダアコードワゴン」に新設定された「SiR」は、200psの2.3リッター4気筒DOHC VTECエンジンを搭載したスポーティ仕様で、VSA(ビークルスタビリティアシスト=車両挙動安定化制御システム)がオプション設定されている。

エクステリアは、フロントロアスカート、ツインサイレンサー、205/55R16タイヤと専用5穴16インチアルミホイールを特徴とする。内装は、ブラックを基調とした専用の設定となっており、パンチング加工された革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、黒字にイエローの文字とレッドの針という専用メーターなどを与えられている。

シリーズ全体としては、ルーフガーニッシュのカラーリングをガンメタに変更するとともに、木目調パワーウィンドウスイッチパネルを採用(いずれも「Vi」をのぞく全車)された。さらにBOSEサウンドシステムが全車にメーカーオプション設定されたのも今回からだ。

 
 

関連キーワード:
アコードワゴンホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • ホンダ・アコード タイプS(FF/5AT)【試乗記】 2011.4.21 試乗記 ホンダ・アコード タイプS(FF/5AT)
    ……393万9250円

    縮小する日本のセダン市場において、「ホンダ・アコード」はどんな意味を持つのか? マイナーチェンジを機に加わった「タイプS」に試乗しながら考えた。
  • ホンダ、新型「アコード」の情報を先行公開 2017.6.20 自動車ニュース 本田技研工業の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターは2017年6月19日(現地時間)、ミドルサイズセダン「アコード」の新型を同年7月14日に初公開すると発表し、コンセプトスケッチを公開した。
  • ホンダが新型SUV、アヴァンシアを世界発公開【北京ショー2016】 2016.4.25 自動車ニュース 本田技研工業の中国現地法人である本田技研工業(中国)投資有限公司は2016年4月25日、北京モーターショー2016(プレスデー:4月25日~26日、一般公開日:4月29日~5月4日)において、新型SUV「アヴァンシア(中国名:冠道)」を世界初公開した。
ホームへ戻る