ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティ仕様

1999.01.26 自動車ニュース
 
 
990126_059.gif

ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティ仕様(1/26)

本田技研工業は「アコードワゴン」にスポーティタイプの「SiR」を設定、1月21日より発売した。新開発2.3リッターエンジン搭載モデルである。

「ホンダアコードワゴン」に新設定された「SiR」は、200psの2.3リッター4気筒DOHC VTECエンジンを搭載したスポーティ仕様で、VSA(ビークルスタビリティアシスト=車両挙動安定化制御システム)がオプション設定されている。

エクステリアは、フロントロアスカート、ツインサイレンサー、205/55R16タイヤと専用5穴16インチアルミホイールを特徴とする。内装は、ブラックを基調とした専用の設定となっており、パンチング加工された革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、黒字にイエローの文字とレッドの針という専用メーターなどを与えられている。

シリーズ全体としては、ルーフガーニッシュのカラーリングをガンメタに変更するとともに、木目調パワーウィンドウスイッチパネルを採用(いずれも「Vi」をのぞく全車)された。さらにBOSEサウンドシステムが全車にメーカーオプション設定されたのも今回からだ。

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る