ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティ仕様

1999.01.26 自動車ニュース
 
 
990126_059.gif

ホンダ、「アコードワゴン」にスポーティ仕様(1/26)

本田技研工業は「アコードワゴン」にスポーティタイプの「SiR」を設定、1月21日より発売した。新開発2.3リッターエンジン搭載モデルである。

「ホンダアコードワゴン」に新設定された「SiR」は、200psの2.3リッター4気筒DOHC VTECエンジンを搭載したスポーティ仕様で、VSA(ビークルスタビリティアシスト=車両挙動安定化制御システム)がオプション設定されている。

エクステリアは、フロントロアスカート、ツインサイレンサー、205/55R16タイヤと専用5穴16インチアルミホイールを特徴とする。内装は、ブラックを基調とした専用の設定となっており、パンチング加工された革巻ステアリングホイールおよびシフトノブ、黒字にイエローの文字とレッドの針という専用メーターなどを与えられている。

シリーズ全体としては、ルーフガーニッシュのカラーリングをガンメタに変更するとともに、木目調パワーウィンドウスイッチパネルを採用(いずれも「Vi」をのぞく全車)された。さらにBOSEサウンドシステムが全車にメーカーオプション設定されたのも今回からだ。

 
 

関連キーワード:
アコードワゴンホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードツアラー 24TL スポーツスタイル(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2009.2.10 試乗記 ……389万4500円
    総合評価……★★★★★

    フルモデルチェンジで8代目になった「ホンダ・アコード」シリーズ。ボディを大型化し、全方位的に上質にしたという新型の実力を、アコードワゴンあらため「ツアラー」で試す。
  • ホンダ・アコードワゴン タイプS(FF/5AT)【試乗記】 2006.1.13 試乗記 ホンダ・アコードワゴン タイプS(FF/5AT)
    ……370万6500円

    2005年11月24日、ホンダ「アコード」がマイナーチェンジされ、2.4リッター+5段AT仕様のスポーティモデル「タイプS」が追加設定された。そのワゴン版に試乗した。


  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ ハイブリッドG・EX Honda SENSING(FF)【試乗記】 2017.12.14 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、待望のハイブリッドモデルが登場。販売面でライバル車の後塵(こうじん)を拝してきた近況を打破する、起爆剤となれるのか。その出来栄えを確かめた。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る