トヨタ、「プリウス」にウェルキャブを設定

1999.01.26 自動車ニュース
990126_056.gif

トヨタ、「プリウス」にウェルキャブを設定(1/26)

トヨタ自動車は「プリウス」に福祉車両「ウェルキャブ助手席回転シート仕様」を設定し、1月19日より発売した。

「プリウスウェルキャブ助手席回転シート仕様」は、助手席シートをワンモーションで約80度回転かつ車外へ約135ミリスライドする仕組みになっている。これによって乗降性を高めると同時に、介護の負担が軽減するとされている。

ベースになっているのは、ガソリンエンジンと電気モーターによるハイブリッドパワートレインをもった「プリウス」で、価格は223.0万円だ。「ナビパッケージ」も設定されており、こちらは235.0万円となる。

これで重いクルマ椅子の収納がラクになる簡単な仕掛けがあると良いのですが。(Web CG オガワ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る