第155回:25年ぶりのリターンライダーの独り言 「トライアンフ・タイガーエクスプローラー」試乗記

2012.07.30 エッセイ

第155回:25年ぶりのリターンライダーの独り言「トライアンフ・タイガーエクスプローラー」試乗記

年齢は今年で知命。これからが男盛りだ! と威勢を張ってはみるものの、大学に上がった息子とはトンと会話がなくなってしまったし、妻は妻でいろいろ忙しいみたいで、最近ちょっと寂しいのが本音。わが家の「ミニバンの季節」はもう終わってしまったようだ。いっそのこと「トヨタ86」にでも乗って、峠に通うか? いや、若いときに果たせなかった夢がある。そろそろワタシも、ビッグバイクに乗っていい年齢になったらしい。

アドベンチャーツアラーの決定版

いや威張るわけではないが、四半世紀もバイクから離れていると、何から何まで浦島太郎である。その昔、こういうバイクはイメージの源をパリダカに求め、ビッグオフローダーとか、略してビッグオフなんて言ったもんだが、今ではアドベンチャーツアラーなどと呼ぶらしいじゃないか。

確かに、BMWの「GS」シリーズにしろ、ヤマハの「スーパーテネレ」にしろ、かつてパリダカで勇名をはせたバイクに、もはや砂漠を行くワークスマシンのイメージはない。リアに四角いパニアケースを背負って、ロードバイクより行動範囲が広いツアラーにくら替えしてしまっている。学生時代、ガストン・ライエが駆るマルボロカラーの「R80GS」に憧れて、「ホンダXL250Rパリダカ」にアチェルビスのハーフカウルを付けていたワタシとしては、ちょっと寂しい気もしている。まあ、それもこれも時代であるからして、しょうがない。

今回の主役であるトライアンフの「タイガー」にしたってそうだ。つい最近まで、ラリーレイドを意識したようなスタイリングのバイクだったが、いつの間にか今をときめくアドベンチャーツアラーに進化し、この分野の雄であるBMW GSに真っ向勝負を挑むまでになっていた。

そのタイガーシリーズの、最新にして、最大・最強の一台が「タイガーエクスプローラー」だ。エンジンは現代のトライアンフのアイコンとなっている並列3気筒で、排気量は1.2リッター。そのパワーは同じく1.2リッター級のアドベンチャーバイク、「BMW R1200GS」や「ヤマハXT1200Zスーパーテネレ」よりも強力な、137psと12.3kgmを生み出す。車量は259kgなので、パワーウェイトレシオでいうと実に1.89kg/ps。740psをうたうフェラーリの最新スポーツカー「F12ベルリネッタ」ですら2.06kg/psなのだから、この数字は相当なものである。

さて、そんな今どきのスーパーツアラーにまたがって、果たしてブランク歴25年のリターンライダーは、試乗会場にリターンできるのだろうか? 正直言ってワタシは不安だ。

「タイガー」シリーズの頂点に君臨する「タイガーエクスプローラー」。日本では2012年6月1日に発売された。
「タイガー」シリーズの頂点に君臨する「タイガーエクスプローラー」。日本では2012年6月1日に発売された。
トライアンフのアイコン並列3気筒12バルブエンジンは、排気量が1215ccで、137ps/9000rpmと12.3kgm/6400rpmを発生。
トライアンフのアイコン並列3気筒12バルブエンジンは、排気量が1215ccで、137ps/9000rpmと12.3kgm/6400rpmを発生。
シャフトドライブを採用。事実上のメンテナンスフリーが約束されている。
シャフトドライブを採用。事実上のメンテナンスフリーが約束されている。
ボディーがこれだけ大きいのに、動き出すとそれほど大きく感じられない理由のひとつがこれ。「Low Rideシート」(写真)を装着すれば、シート高を標準シート(高さ840〜860mm)からさらに30mm下げることができる。3万3600円のオプション。
ボディーがこれだけ大きいのに、動き出すとそれほど大きく感じられない理由のひとつがこれ。「Low Rideシート」(写真)を装着すれば、シート高を標準シート(高さ840〜860mm)からさらに30mm下げることができる。3万3600円のオプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ