ホンダ、「インテグラSJ」もLEVに

1999.01.27 自動車ニュース
 
 
990127_064.gif

ホンダ、「インテグラSJ」もLEVに(1/27)

本田技研工業は「ドマーニ」と「インテグラSJ」の内外装を改良するとともに、低公害車(LEV)を追加。1月21日に発売した。

あらたにLEV(Low Emission Vehicle)化されたのは、「ドマーニ15E」「インテグラSJ LXi」「インテグラSJ EXi」の3車種。いずれも1.5リッター直4SOHCエンジンを搭載するモデルだ。吸気ポートや触媒の改良、空燃比制御の適正化によって、CO、HC、Noxの排出量を、現行規制値の10分の1にまで削減したという。

トランスミッションも改良されている。「ドマーニ16X」と「インテグラSJ Vxi/Lxi」には、ハンドルに設けられたスイッチで、ドライブ、スポーツ、エコノミーの3つのモードを切り替えることが可能なCVT「ホンダマルチマチックS」が採用された。そのほか、2DINサイズのオーディオを収納可能にしたインストルメントパネル、ダイアル型エアコンスイッチ、前後独立式の運転席ハイトアジャスターなどがあらたに採用された。なお「ドマーニ」「インテグラSJ」とも価格は据え置きとなっている。

それにしても、この2車種って、町中であまり見かけない気がするなあ。「匿名性が高い」というのも、クルマの重要な性能のひとつではありますが……。(Web CG スヤマ)

 
 

関連キーワード:
インテグラホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
  • ホンダがマイナーチェンジ版「ヴェゼル」の情報を先行公開 2018.1.25 自動車ニュース 本田技研工業は2018年1月25日、同年2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
ホームへ戻る