ヤナセ、サーブ9-3を松井秀喜選手に贈呈

1999.01.28 自動車ニュース
 
 
990128_068.gif

ヤナセ、サーブ9-3を松井秀喜選手に贈呈(1/28)

ヤナセは「1998ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」を東京読売巨人軍の松井秀喜選手に決定、「サーブ」を贈呈すると発表した。

「ヤナセ・ジャイアンツMVP賞」は巨人軍の選手のなかで1シーズンを通じて最も貢献した選手に対し、セリーグペナントレースの順位に応じてヤナセ取り扱い車とともに贈られるという賞である。選考は読売巨人軍とヤナセによって行われる。1998年度は本塁打王と打点王を獲得した松井秀喜選手に決定した。賞品車は「サーブ9-3 2.0t」である。

松井選手は1996年度も獲得、斎藤雅投手も2回もらっている。ここらで石井浩郎内野手なんて考えられなかっただろうか(考えられないか)。カマロはよく似合うと思うが。(Web CG オガワ)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • サーブ9-5 エアロ(FF/5AT)【ブリーフテスト】 2007.7.19 試乗記 ……562.0万円
    総合評価……★★★

    モデルチェンジで印象が変わった、「サーブ」のフラッグシップ「9-5」。スポーティバージョン「エアロ」に試乗した。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • サーブ9-5シリーズ【海外試乗記】 2001.8.29 試乗記 マイナーチェンジを受けたサーブ9-5シリーズ

    世界で最も小さな自動車量産メーカーにして、GMのプレミアムセグメントを担当する北欧のサーブ。1997年にデビューした「9-5シリーズ」は、ミドルサイズにして「上質」と「個性」を前面に押し出したモデルである。ライバルを迎え撃つべくマイナーチェンジを受けた同シリーズに、『webCG』エグゼクティブディレクター、大川 悠が、デンマークからスウェーデンで乗った。


ホームへ戻る